Duran Duran - The Reflex

『デュラン・デュラン』が、遂に全米最高位1位を始めて獲得したのが3枚目のアルバム『セヴン&ザ・ラグド・タイガー (Seven and the Ragged Tiger) 全英最高位1位・全米最高位8位』からの3RDシングルとなったこの曲でした。アルバムは前年に発売なので、翌年にヒットを記録しています。 個人的には、前のシングル「ニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君の誤算と、「精神的限界」。。。

今日は、精神的に限界に達したので午前中で早退する。毎日、障害者が健常者の尻拭いをするのに耐えなれなかったから・・・。 履歴書を郵便局で投函するのが木曜日まで伸びそうだったから、丁度良い。会社としても、私を必要としているのは午前中のみだから、明日休まれるよりも好都合なのだ。 昨日、現場リーダーに現状に対して「納得いかない。」と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

もう一夜だけでいいんだ、 永遠には待っていられないから。。。

有給休暇を土曜日に取得すると、金曜日の午後から日曜日まで自由な時間を過ごせる。非正規雇用なのだから、有給休暇は利用しなくちゃ意味が無いから・・・。(体調不良時の「保険」でもあるけど。) 丁度、君と実際に会ったのは1ケ月前の出来事だよね。いつものように、「J」でモーニングをしている時に君からのメールで名古屋で待ち合わせしたんだよ。オ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Phil Collins - One More Night

『ジェネシス 』が世界的なバンドになり、『フィル・コリンズ』のソロ活動がスタートします。しかし、「夜の囁き - In the Air Tonight (全英最高位2位、全米最高位19位」の様に『ジェネシス 』の路線の沿線上的でした。 2NDアルバムから、「恋はあせらず - You Can't Hurry Love (全英最高位1位…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やるせないな、不甲斐ないな、情けないな。。。

現在の職場は、ハッキリ言って狂っている。「会社」組織が狂っているのだから、従業員が狂っているのは当然なのだ。 だけど、そんな職場でしか働けない自分がやるせないし、不甲斐ない。そして、そんな職場を抜け出せない事が、何より情けない。以前なら、悔し涙を流していただろう。 前の会社で、屈辱的な思いで悔し涙を流しながら「通勤不可能なん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「他人」の傷みは、絶対にわからないから。。。

君は、昨日「シンドイ。」と何度も嘆いていたけど・・・。 正直、僕にはわからいよ。だけど同じ様に、君には僕のシンドさは理解出来ていないよね?「うつ病」は簡単な病気って、結構残酷な言葉なんだよ。 「他人」の傷みは、誰にも理解出来ないから職場でもストレスにさらされて・・・。 僕一人じゃ無理な事も、二人ならばと夢見たさ。出来る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Jellyfish - Go Your Own Way - Live in Frankfurt

1977年に発売された『フリートウッド・マック』最大のセールスを記録した「噂 (全英、全米最高位1位)」からのファーストシングルだったのが、この曲でした。全英最高位36位、全米最高位10位とチャート的には、必ずしも大ヒットした訳じゃ無かったんですね。 ですが、未だにライブでは必ず演奏されますし、個人的には「スティーヴィー・ニックス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「夢」の欠片。。。

本文は、7月9日にUPした内容と変えていません。ただ、タイトルは「「約束」は、一人じゃ出来ないよね。。。」から変更しています。多分、もう私のブログにアクセスする事などないだろうし、コピペして保存していたのは告げていたし。ブログの文章は、その時の私の「心」。だから消すつもりは無かった。 ただ、もう「夢」は終わりを告げてしまっただけで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「さよなら」は、別れの言葉じゃなくて。。。

実は、昨日UPするか非常に迷って辞めました。そして、別に下書きもしてあるのです。 でも、正直な気持ちを書かなければブログをUPする意味は無いと思うのです。先日、友人を待っている時間に、突然メールで別れを切り出さされました。 曖昧な関係だし、最後に「さようなら。」とだけ返信しました。それしか、私には出来ないから・・・。 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

「何時までも、友達でいてくれるかい。」なんて聞かないよ。。。

午前中、4年ぶりに大阪在住のN氏と再会して、午後に「野村 旗守」氏と会う約束があったので興奮して寝付けない。睡眠導入剤を服用しても午前2時に目覚めたので、シャワーを浴びて待ち合わせ場所の「赤羽」へ向かう。 約束の時間には早すぎるけど、私に会ってくれるなら何時間でも待つさ。久々に再会したからと言って特別な話なんかしない。昔と同じよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PUFFY - Friends Forever live

『Puffy AmiYumi』名義の作品は、個人的に洋楽扱いしています。何といっても、大好きな『ジェリーフィッシュ』 の中心人物である「アンディ・スターマー」が関わっている事さえも奇跡の取り合わせとさえ思っています。 今日の本編は「友人」がテーマなので、『PUFFY』名義なら「ともだち」と言う曲を選択していたでしょう。 まあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毎日の暮らしに、ふと滅入ったとき。。。

久々に、午前中に仕事のストレスに負けそうになる。 誰にも期待なんてしてないけど、余りにもお馬鹿過ぎて気持ち悪くなる。「もう、辞める。」と大声を出してみる。だけど、誰もが無反応。 オマケに、午後もダンボール担当を押し付けられる。ただ単に、自分が苦労したくないからだ。だけど、今日は喜んで交代して休憩時間までに全てを終わらせて課長…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

目を閉じて、眠りに落ちたなら。。。

私は「病院」から「精神安定剤」、「抗うつ剤」そして、「睡眠導入剤」を処方されているが・・・。 無職の頃の醜い「睡眠障害」からは、明らかに改善されている。それでも、基本的な「1時間半」サイクルの睡眠時間は変わらないので完治した訳では無い。 今日も夜中の1時に目が覚めるが、仕事が休みなため「睡眠導入剤」を服用する気にはならない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Romantics - Talking in Your Sleep

1983年と言うと就職する前年に当たり、フリーター生活をしていました。そういう意味じゃ、現在と変わらないのかもしれませんけど・・・。 現在では「ユーチューブ」で音楽を楽しんでいますが、当時はまだまだラジオ(FEN)が最も早いリアルタイムのヒット曲の情報を得る手段でした。 このバンドは、この曲がヒットするまでに1977年発売の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お前が消えて喜ぶ者に、お前のオールを任せるな。。。

昨日、「ハローワーク」へ行けなかったので午前中で仕事を終わらせてから、「ハローワーク」へ向かう。 月曜日が休日なので、その分今日が忙しいのだが。社員からの依頼が無いから、定時で「ハローワーク」へ向かう。その分、明日の午前中が大変なのは覚悟している。 所詮、腰掛けの「障害者雇用」のアルバイトなのだから・・・。 先週、「求…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一緒には、居られないなんて。。。

先週に引き続き、「ハローワーク」へ行こうかとも考えたが・・・。 大雨で、県道の路肩には既に大量の水溜りもあり、明日は午前中の勤務なので明日「ハローワーク」へ行けば良い。大した収穫も期待もしていないしね。 本題に移りますが、来週の木曜日に大阪在住のN氏と「野村 旗守」氏と会う約束があるけれど・・・。 基本的には、旧知の知…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Mr. Big - Stay Together

オリジナルメンバーである「ポール・ギルバート」の脱退と言う、大きな代償を伴った『Mr.Big』の4枚目のアルバム『ヘイ・マン』(オリコンチャート1位)からの3枚目のシングルです。 しかしながら、日本以外では完全に商業的には失敗に終わった事が、活動停止への伏線になった気がしてなりません。そう考えると、この曲のタイトルや歌詞の内容が皮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少し、強くなるために。。。

以前にも経験したのだが、昼休み後に両足の裏側が「こむら返り」の痛みで立てなくなる。取り敢えず、腰掛けるが、次第に「目眩」の症状まで現れる。 しばらく、安静にしていたら落ち着いたけど・・・。 色々と、原因を探ってみる。「靴」が原因なのか?「寝不足」、「栄養失調」・・・。確かに午前中は普段よりも忙しく作業していたし、理由はある程…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

そうさ 、そんなにうまくはいかないさ。。。

物事、何とかなったと思った瞬間にトラブルは訪れる気がします。 弟からの金策で半年分の「駐車場代金(24、000円)」の目処もたったと思ったら、父親の昼食や母親へのお供えを買うために近隣のスーパーへ向かう最中に左前輪をパンク。(幸い、車両には異常無し。) 前回のタイヤ交換時にスペアタイヤも新しい物に変わっており、それもプラスに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Ringo Starr - It Don't Come Easy (Official Video)

「THE BEATLES」解散後、ファンが最も心配したのは明らかに『リンゴ・スター』だったはずです。(「ジョージ・ハリスン」は才能開花直前でしたし、「オール・シングス・マスト・パス」で最も早い成功を収めましたしね。) しかしながら、そんな『リンゴ・スター』のソロとしての始めてのヒットが、この曲の全英、全米最高位4位と言う結果でした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛のバラ掲げて、遠回りして、また転んで。。。

お気付きの方は、何人存在しているだろうか?昨日のブログが、消してある事を・・・。 自分勝手な自己満足で、大切な人を傷つけてしまった。午前中の仕事の時間は、自分を責め続ける。だからといって、何も取り戻せない事は理解しているけれど。それしか、私には出来なかった。 今日は通院日なので、受診時間の間に昨日「ハローワーク」でピックアッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Naked Eyes - Promises Promises

デビュー曲の「僕はこんなに - Always Something There to Remind Me (全英最高位59位、全米最高位8位)で、順調なスタートを切った『ネイキッド・アイズ』の2NDシングルで全英最高位95位、全米最高位11位)を記録しています。 本国である英国よりもアメリカでの成功は、当時の音楽性の好みの違いを反映…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「悔しさ」を、バネにして。。。

本当は、今日は早帰りだったら更新する予定だったのだけど・・・。 仕事の担当が変更になったので、定時まで勤務したけれどもブログを更新せざるを得ない気分なのだ。下書きの時とは、全く内容が変わるのはいつもの事だから。 馬鹿な社員のおかげで、非常に気分が悪い。役職も無いアンタの指示なんて聞きたくないんだ。聞く必要もないしね。アンタは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ここ何年も、僕はさすらい歩いてた。。。

最近の私は、自分でも変わった気がしています。少しずつ、本来の自分に近づいている気がするのです。 勿論、「病気」が完治した訳じゃないし、何処かで「臆病」な自分も存在しています。相変わらず、「ストレス」には弱いですし・・・。 「怒り」と言う感情しかなくなってしまい、「友人」「知人」も去って行き、残されたのは「絶望感」だけ。自分な…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Paul McCartney - I've Got A Feeling (Live)

「THE BEATLES」からの演奏ナンバーが多くなった、『ポール・マッカートニー』ですが・・・。 正直、この曲は演奏しないのではと勝手に思っていました。収録されていたアルバム、映画『レット・イット・ビー』が未だにDVD化されない事や、2003年発売の『レット・イット・ビー...ネイキッド』の件を考えると余計にそんな気がしたのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感じるままに、動くんだ。。。

ブログを開始した当時は絵文字等も使用していましたし、何よりも「再発」前でしたから・・・。 その後、現在のスタイルに至る訳ですが・・・。「再発」前の私は、「仕事」においても「プライベート」にても「即決」して「行動」に移していました。勿論、考え足らずで「失敗」も数多く経験してきましたけど。 だけど、「行動」を起こさなければ何も「…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

すべての道は、静かなる川の源流に通ずる。。。

どんな曲の歌詞でも、暗い文章にしてしまう私ですが・・・。実は、今回も当初の下書き時点では使用した「バンド名」の日本語訳に関わる内容でした。 ですが、ある事をキッカケに自分自身を見つめ直す事にしました。このブログは、当然「不特定」な方々に公開されています。ですが、時には「特定」な旧知な人達に向けて書いている場合だってあるのです。 …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

Styx - Boat On The River

『スティクス』の曲にする事は、決めていたのですが・・・。 「カム・セイル・アウェイ」(全米最高位8位)も候補でしたが、敢えてチャートインしなかったこの曲をチョイスしました。(彼等に取っての分岐点と言える『コーナーストーン』(全英最高位36位、全米最高位2位)からは全米No.1シングルの「ベイブ」が生まれていますが、たまたま読んでい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誰か助けて、悲しみが止まらない。。。

タイトルは、私自身の事ではありません。何故なら、私には「悲しみ」と言う感情も失われているからです。 先日も、真夜中に父親の大きな寝言で起こされる。「眠れない。」と言いながら、現在もグースカピーですが・・・。そりゃ、好きな時間に好きなだけ居眠りしていれば長時間夜に眠れる訳など無いのです。 一方の私と言えば、歯科医に通いながらも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

再び、「ハローワーク」の日々へ。。。

先日、職場を「退職」する決意をしたので、「ハローワーク」に出かけようと思ったのだが・・・。 現在の身なりでは、真剣に取り合って貰えないと思う。「長髪」、「髭」は直ぐにでも対応可能だが、何せ前歯が無いのは「致命的」だ。 先程、「歯科医」で仮合わせしてきて来週には上の「入れ歯」は取り敢えず完成する。だけど、下の歯まで、待つ事は出…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

The Cars - Hello Again (OFFICIAL MUSIC VIDEO)

『カーズ 』に取って、最も商業的な成功を収めたのが「ハートビート・シティ」(全英最高位25位、全米最高位3位)でした。そのオープニングを飾ったのが、4枚目のシングルとして全米最高位20位を記録したこの曲でした。 どちらかというと、バンドの代表曲はリードヴォーカルは「ベンジャミン・オール」が担当しているのですが・・・。 本来のバン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

働けど、働けど。。。

『はたらけど はたらけど猶 わが生活(くらし) 楽にならざり ぢつと手を見る。』と、石川 啄木は詠みましたが・・・。 以前に紹介した『「坊っちゃん」の時代:第三部 かの蒼空に(原作 関川夏央:作画 谷口ジロー』にも描かれているように、「彼の借金のほとんどは浅草での娼婦との遊興に費やされ、それが為の貧困だった」と、金田一春彦は語っている…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

「本末転倒」。。。

昨日のブログにも記入しましたが・・・。 午後の担当の仕事が変更になったにも関わらず、昨日も早帰り。「時給」で収入が変わる、「非正規雇用」である私には本当は痛い話です。オマケに、会社内の規約により、「障害者雇用」者は残業が認められていません。 以前、早帰りが多く週31Hの契約でありながら週の平均勤務時間が5Hを切った事さえあり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Jimmy Page - Wasting My Time

『レッド・ツェッペリン』解散後の、「ジミー・ペイジ」には明確なヴィジョンが無かったのではと思ってしまいます。1985年に結成した『ザ・ファーム 』も、2枚目のアルバムで崩壊してしまいます。 勿論『レッド・ツェッペリン』や、ましてやコンビを組んだ「ポール・ロジャース」が在籍していた『バッド・カンパニー』の成功と比較したら全く及ばなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「右」でも、「左」でも無いけど。。。

この下書きは、本当は明日に更新用の下書きだったのですが・・・。 午後の仕事が変更になったので、早帰りは無いと思っていたのですが15時で帰宅しました。ちょうど次の下書きに丁度良い出来事であるのと、無理矢理に疲れさせて睡眠取っているので、体力の代わりにブログを更新する事で帳尻を合わせる事にしました。 さて、本題ですが・・・。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

僕らの「世代」。。。

昨日は、実は嫌な事だけじゃなく驚きのサプライズもあったんです。昨日は高校時代の友人の誕生日だったので、去年には返信が無かったのですがお祝いメールを送信してみました。(私の誕生日の半年前なので、忘れる訳が無いのです。) すると、ちゃんと返信がありました。正直期待はしていなかったのですが・・・。 もう、5年近くも高校時代の友人達…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Oasis - My Generation

『オアシス』がカバーと言うと、どうしても「ビートルズ」ナンバーなイメージが強いかもしれません。ですが、2002年に発売された5枚目のアルバム『ヒーザン・ケミストリー』(全英最高位1位、全米最高位23位)からの3RDシングル「リトル・バイ・リトル 」(全英最高位2位)のマキシシングルに、この『マイ・ジェネレーション』のカバーが収録されてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

このままじゃ、ダメなんだと。。。

本当は、今日はブログを更新する気なんて無かったんです。明日に更新する予定の下書きは、昨日のうちに済ませてありますが・・・。 だけど、今日も「夢」の中で前職の仕事をしていました。勿論、伏線はあるんです。久々に大阪在住のN氏のブログが前職に関わる内容だったのでコメント記入したり、昨日職場の人とトラブル寸前になったりしたので。 で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

私を縛り付ける事なんてて、誰にも出来ないさ。。。

午前2時に目が覚める。昨日、帰宅後に父親の不審な行動を見て、今日が雑誌や新聞回収の日だったので玄関に準備されていた物の内容を確かめる。想像通りに、私の「書籍」や「雑誌」が半分以上を占めていた。 前回の家出の意味を父親は、全く理解していない。母親とは、若い頃から「片付けない物は処分しても文句を言わない。」と言う暗黙のルールが存在して…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Olivia Newton John:ーTied up (HQ Version!)

『オリビア・ニュートン・ジョン』にとって、1981年発売の「フィジカル」の成功が大きな転機になったのは明らかだと思います。(必ずしも、それをファンが望んでいたとは思えないのですが この曲のオリジナルは「リー・リトナー」が前年の1982年に発売した『RIT2』に「エリック・タッグ」のヴォーカルをフューチャーして収められています。(埋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「間違い」を犯すために、生まれて来て。。。

本編を書く前にツイッターをチェックしていたのだが・・・。今朝も「J」でモーニングを摂りながら新聞に目を通すが、余りににも私を含め「人間」は「間違い」を犯している気がしてならない。 「犯罪」だけが、「間違い」じゃ無いし、人それぞれ「間違い」を犯して生きているのだろう。尚且つ、タチが悪い事に「動物」以下の様に同じ「間違い」を犯すのも「…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

The Human League - Human

『ヒューマン・リーグ』と言えば、やはり「「愛の残り火(Don't You Want Me)」(1981年に全英チャート1位、翌年に全米チャート1位)の印象が強いのではないでしょうか? ですが、「エレトリック・アバ」とまで当時呼ばれていたので、POP色の濃いシングルを多くチャートインさせています。この曲は、当時の売れっ子プロデューサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イヤな事だらけの世の中で 。。。

日曜日に、元部下であるK氏とメールのやり取りをしていたら文章の様子が彼らしくないので、ブログを書き終えてから電話してみる。 K氏のお母さんの「介護」の件でもめているらしい。仕事でも、ストレスを感じ休日は、お母さんの施設に行き「心」が休まる時間が無いらしい。その件で、奥さんともトラブルになるらしい。 奥さんは、二人姉妹の長女だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何て、僕は「愚か」なのだろう。。。

先日、職場で余りにも「馬鹿げている現状」に嫌気がさして、現場責任者である係長に対して「改善要教書」をレポートとして提出してやろうと考えた。だが、「改善要教書」では、タイトルがキツイので「改善提案書」なら読んでもらえる気がした。 だけど、冷静になると「社員」でもない障害者雇用である一作業員のレポートや意見など必要などしていない事に改…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Rick Springfield - What Kind Of Fool Am I

今日は、早上がりだったので「洋楽」部分のみUPしてしまおうと思います。(その気になれば、本編も書けますが明日の時間が余ってしまうので・・・。) ツイッターで、「フー・ファイターズ」との共演映像を投稿したら、ユーチューブのマイ・ミックスで彼の曲が選択されていたのですが・・・。実はこの曲ではありませんでした。(理由は、明日の本編でわか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

考えれば、考えるほど「不安」が僕を襲う。。。

日曜日にブログを更新したら、夜中に前回記入した部下の前任であり前職で店長として始めて着任した時の部下であったK氏から電話とショートメールが来た。(電話には、気付かなかった為だろう。) 「行き詰っているなら、話しましょう。」との内容で、翌日にも電話を貰うが素直に電話に出る事が出来ない。心配してくれている事には「感謝」しているのだが・…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

そしたらオレは消えるよ、消えてやるさ。。。。

仕事が休みの木曜日と日曜日、そして午前中勤務の金曜日は、父親の分の昼食の弁当を購入する様にしている。そうするだけで、父親の機嫌が良くなるからだ。 「主治医」にも、父親には「気持ち」よりも「現実的な物」の方が有効なのではとアドバイスをもらう。木曜日から自宅に戻るが、極端に小言が減っている。(原因となった私の私物は、玄関にまとめてある…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

Judas Priest - Living After Midnight

『ジューダス・プリースト』を初めて購入したのは「イン・ジ・イースト(英題:Unleashed in the East)」全英最高位10位、全米最高位70位なのですが、ご存知の通りヴォーカルパートが取り直しのため違和感のあるアルバムでした。 しかしながら、上記のアルバムにより『ブリティッシュ・スティール(全英最高位4位、全米最高位3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黙り込む事を、「卑怯」と呼ぶんだよ。。。

プチ家出から、遂に解放されましたけど・・・。根本的な問題が、解決した訳ではありません。多分、同じ事が繰り返される事でしょう。次回は、本格的に家から去るでしょうね。 実は、下書きのストックが既にその予兆なのです。当然、これも下書き済を使用しています。父親も「卑怯」ですけど、本来は父親の事じゃないんです。(これも、一種のシンクロニシテ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

車中生活5日目。。。

何故、一言謝れないのか、全く理解出来ない。下らないプライドは流石親譲りなのだろう。 弟から、心配しているとメールが来ても、条件はただ一つ何だから現状では先が見えない。 嫌みや、ストレスに晒される生活ならば、まだ車中生活の方がマシなのさ。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more