だから、報われない気持ちのせいにして。。。

先日、派遣社員の「言葉遣い」に関して記入しましたが・・・。

彼の年齢を知り、もう二度と注意する事は辞めました。見た目が「童顔」なので、未だ社会を知らないなら当然注意は継続しますけど。もう、年齢だけは立派な「大人」なのですから。

「言葉遣い」が出来ないのは、派遣社員だけでなく正規雇用の社員だって同じなのです。昨日も例の如く「人員不足」だと言い訳して、午前中は自分の仕事を犠牲にしてまで手伝っていたにも関わらずに「2時半に上がって下さい。」と言われるので素直に仕事を終わらせて手伝いした「正規雇用」の主任格の人に「お先に失礼します。」と声をかけたら、「お疲れ~。」ですからね・・・。(「ありがとう。お疲れ様でした。」が普通でしょ。」ヽ(`Д´)ノ)

思わず、階段を下りながら「小僧くせに、人を馬鹿にしてんじゃねえよ。」と捨て台詞を吐きながら帰宅しました。だって、馬鹿でしょ?アンタが大変だと思ったから、本来と異なる仕事と自分の仕事を掛け持ちで一人でこなしていたんですよ。

さらに言わせてもらえば、「人員不足」を理由にするのは「労務管理」ができていないとイコールですよね?自分達が「無能」と、自ら言っているのと同じなのです。まして、正規雇用の社員で休んでいる奴もいるんだし・・・。

「人員不足」と言うのであれば、私をうまく利用して一人を配置転換させれば効率的になるはずなのに早帰りの指示しか出せない無能さに呆れかえるばかりです。

でも、いいんですよ。取り敢えず7月までの我慢なのですから・・・。

「損な役回り」は、昔から私の得意技ですからね。楽だけをしたいなら、いくらでも出来ますし、実際にそうしている奴だって存在しています。目先しか見えない奴とは、一緒にはして欲しくありません。

全てを受け流すのが、一番のストレスからの回避方法なのです。ただ、家庭内ではそうは行きません。なので、今日は父親には内緒で弟に来てもらいました。最低限、弟がいる時間だけは、私が父親からの標的から解放されます。(だから、今ブログを更新出来ているんですけど。)

私は、ただ黙々と私の責任を果たすだけです。他人になんかに、何も言わせません。馬鹿は、大嫌いですからね・・・。


私以外私じゃないの 当たり前だけどね
だから 報われない気持ちのせいにして
生きていたいよ 映るでしょう

「見返り」なんかは、求めちゃいないけど・・・。勿論、「期待」なんてしていないし、だけど普通に「感謝」の言葉さえもないのですから呆れて物が言えません。

自分がやっていることが、報われなくたっていいんです。必ず、奴等は痛い目に遭うのですから・・・。

あたりまえのことをバカになってちゃんとやる
サンマーク出版
小宮 一慶

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by あたりまえのことをバカになってちゃんとやる の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


『タイトルにインパクトがありますが、内容はとても基本的なこと。基本的な原理・原則が大切なのだと改めて思いました。他の本を読んでいて、小宮さんの他の本を読みたくて読みました。基本を大切にしていこうと素直に思えました。』(購入者レビューより)

「当たり前の事を、当たり前にやる。」と言うのは、前職で徹底的に叩き込まれました。でも、それは外部から入社してきた取締役の影響でしたね。

それ以前は、現在の会社と変わらないかもしれませんね・・・。「継続は力なり。」と言いますが、いかに普通に「継続」するのが難しいのかの裏返しの気がしてなりません。

"だから、報われない気持ちのせいにして。。。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント