毎日の暮らしに、ふと滅入ったとき。。。

久々に、午前中に仕事のストレスに負けそうになる。

誰にも期待なんてしてないけど、余りにもお馬鹿過ぎて気持ち悪くなる。「もう、辞める。」と大声を出してみる。だけど、誰もが無反応。

オマケに、午後もダンボール担当を押し付けられる。ただ単に、自分が苦労したくないからだ。だけど、今日は喜んで交代して休憩時間までに全てを終わらせて課長、係長に報告して早帰りする。

次の仕事さえ決まっていれば、午前中に帰っていただろう。ただでさえ生活苦なのだから、我慢しただけだ。「さようなら。」と叫びながら、仕事をしていたのさ。もう、ウンザリだから・・・。

帰宅すればするで、ストレスの一因の父親が待っている。それにも、ウンザリなのだ。

誰もが、それなりに頑張っているのかもしれない。だけど、「利用」されるだけなんて嫌に決まっている。私の「責任感」の強さと、「作業効率」を会社は利用しているだけなんだ。

「メンタルカウンセリング」がある訳じゃないし、逆にストレスを増加させているのが現状なのだ。「障害者雇用」であると知りながら・・・。

元々、「コンプライアンス」なんて存在しない会社だから、新倉庫の消火栓の前にダンボール専用の台車を固定している。「消防法違反」だと、何度も指摘する。だけど、相変わらず改善などしない。

内部告発して、消防署の立ち入り検査があれば面白いのに。おそらく、「防火責任者」は部長だろうから、処分されるのは部長だけど。その後が、見ものなんだけどね。

あんまり、私を甘く観ない方がいいですよ。「労働基準監督」にまで乗り込んで、「有給休暇」を勝ち取って会社のシステムまで変更させたことをお忘れじゃないですよね・・・。



「がんばれ、がんばれ。」って、書く気なんてなれないよ。だって、少なくとも、約2年間我慢してきたんだもん。だから、他人にも気軽に「がんばれ。」って言えないよね・・・。

励ま詩 もう頑張れないと思ったアナタへの30の「力」
マガジンハウス
野崎 美夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 励ま詩 もう頑張れないと思ったアナタへの30の「力」 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


『「貧乏」「失敗」「後悔」…そのたびに自分自身を励まし、銀座に4つの会社を持つようになったコピーライターが、自らと同じ悩みや不安を抱く読者に送る『励ま詩!』。もう頑張れないと思っているあなたへの「30の言葉の力」がビジネスと人生を好転させる。』内容(「BOOK」データベースより)

頑張れない時に、無理に頑張る必要なんて無いと思うのです。その為に「心」が、壊れた私が言っているのですから・・・。

確かに他人からの「感謝」や「励まし」の言葉は有難いのですが、それを期待していても意味は無いし宛にも出来ませんからね。まして、社会的に孤立している身じゃね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

とり
2015年07月22日 19:04
爆発寸前かな(´・_・`)熱中症も含め、心配です。早く涼しくなるといいね。
ケイリンキング
2015年07月23日 16:42
今回は、ヤバイかもね・・・。別にどうでもけどね。今更。

この記事へのトラックバック