Oasis - My Generation

『オアシス』がカバーと言うと、どうしても「ビートルズ」ナンバーなイメージが強いかもしれません。ですが、2002年に発売された5枚目のアルバム『ヒーザン・ケミストリー』(全英最高位1位、全米最高位23位)からの3RDシングル「リトル・バイ・リトル 」(全英最高位2位)のマキシシングルに、この『マイ・ジェネレーション』のカバーが収録されています。

オリジナルは、当然『ザ・フー』の3枚目のシングルとして全英最高位2位、全米最高位74位ですが彼等の初期を代表するだけでなく、現在でも多くのアーティストに影響を与えた楽曲である事は間違いありません。

そして、その後の2004年に『ザック・スターキー』(2008年ザ・フー専念ため離脱。)がサポートメンバーとして加入したのも偶然とは言えない気がしてなりません。(個人的にも、「キース・ムーン」以降では「ザック・スターキー」が一番『ザ・フー』に合っていると思います。流石、愛弟子ですからね・・・。)

惜しむらくは、映像では「ザック・スターキー」が参加する前ということが残念でなりません。

PS.通常では、本編にも同じ映像を貼り付けるのですが、意図的に貼り付けません。ですが、この曲をチョイスした意図は理解出来ると思います。



ユーチューブで、スタジオヴァージョンもチェックしてみましたが・・・。やっぱり、LIVEヴァージョンの方が迫力があって良いですね。勿論、それはオリジナルの『ザ・フー』の「モントレー・ポップ・フェスティバル」での演奏見れば理解出来る事でしょう。それこそ、当時はセンセーションだったでしょうね。

Little By Little / She Is Love / My Generation
Sbme Import
2002-11-05
Oasis

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Little By Little / She Is Love / My Generation の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


『アルバムに収録されている2曲ももちろんいいんですが、なんと言ってもMy Generation!ザ・フーの名曲ですが、リアムの声にすごく合っていて、めちゃくちゃかっこいいです!日本でのライブでもラストに演奏されていましたが、とにかくかっこよくて気合の入る曲。この一曲のために買っても、絶対損はないです。絶対です。』(購入者レビューより)

上記にも書いた様に、この価格を出してまで購入する気にはなれまんからユーチューブで聞けますので十分だと思います。ですが、こんな価格じゃなくても、「中古」や「輸入盤」を探すのも楽しいですよね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック