手放す事が、できないから。。。

なんだかんだ言っても、自分の「ポリシー」や「プライド」を捨て去る事は出来ない。大した「ポリシー」や「プライド」じゃ、ないけれど・・・。

多分、手放せれば今より楽だと言うことは、理解している。
しかし、それは自分が自分でなくなる事を意味すると思うのだ。

すでに、「病気」で過去の自分とは異なっている。
その上、「ポリシー」や「プライド」まで失うのは堪らない。

確かに「ポリシー」はまだしも、「プライド」は邪魔に感じる場合が多いのは事実だ。
「矜持、自尊心、誇り」なら良いが、「傲慢、虚栄心、驕り、自惚れ」じゃ意味がない。

果たして自分の「プライド」は、どちらなのだろう?

「自尊心」であるならば、決して悪い事ではない。
そうであって欲しいが、自分が評価すべき事ではないと思うのだ。

だから自分の「ポリシー」に従って、たかが「作業」にも全力を尽くす。プレス場の整理整頓も、自分が納得するまで実行する。誰も見ていなくても関係ないのだ。

だけど、所詮は「障害者枠」での就労には変わらない。他の人よりも効率的に作業しようとも、時給は790円と社内でも最低の時給しか支給されない。

だからと言って、手を抜く事も出来ないのだ。
それが、自分なのだから仕方がない。

今日も、5時で退勤して良いと言われたので素直に退勤する。
必要とされていない場所になどいたくない。

午前中のやり残しの作業を、全部おしつけられたけどね・・・。



Feel so bad, baby Oh, it hurts me
When I think of how you love and desert me
I'm the broken-hearted toy you play with, baby

正確には昨日の午前中に私が作業して以降、ほとんどプレスした形跡が無かった。都合よく使われているのだ。
それでも15時には、ほぼ完了させる。すると、社員から「補充」を担当しないかと聞かれる。「補充」の人員が、土曜日は不足しているからだ。

だけど、それじゃ何のために「障害者枠」で就労しているのかが分からない。時給なり評価されなきゃ、良い返事をする気なんてない。ハッキリと、「健康でも心は、壊れています。」と釘を刺しておいたけどね・・・。

プライド (新潮文庫)
新潮社
2012-08-27
真山 仁

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by プライド (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


『確信犯的に期限切れ食材を使った菓子職人の胸中に迫る表題作、変人官僚が事業仕分け人と対決する「一俵の重み」。逆境を支えるのがプライドなら、人を狂わせるのもまたプライド。現代を生き抜くために、絶対に譲れないものは何か。』(「BOOK」データベースより抜粋)

文章の中でも記入しましたが、「矜持、自尊心、誇り」なのか「傲慢、虚栄心、驕り、自惚れ」で同じプライドでも変わると思うのです。なので逆境を支える事もあれば、、人を狂わせる事もあると思うのですが・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

とり
2013年12月01日 02:51
捨て去らなくても良いと思うの^^
柔らかくなれば良いなって、最近思うの^^;


自分は仕事に関して、責任、遣り甲斐、優秀さ、存在感。そんなものを求めたり、
生活→お金→仕事。仕事=命。そんな風に思ってた^^;
キングさんと似てる?かな?
けど、正社員は定時で派遣は残業、主婦は帰宅、子持ちは休めたり。。。
自分ってなんなの?都合良いだけ?頑張ってるだけのもの、返ってきてる?
したいこと出来ない、行きたい時行かれない、睡眠時間も自由時間も取れない。
で、欝って辞める^^;の繰り返しでした^^;

先日ひょんな話から仕事感を主治医に言ったら、そう考えちゃうのか~って。
私だって、私が居なくなれば、誰か他の人が(患者さんを)診ると思ってるよ~って。
貰える分(¥)だけで良いんだよ~って、言われました^^;

それが上手く出来ないのですが。。。^^;
ちょっと気が楽になったお言葉でした^^

仕事してる時は眠れなくて、お酒がどんどん増えたけど、
生保が下りてから、朝まで眠れる様になりました^^
仕事=ストレスだったのね^^;
今日友人と話してたら、神様が休憩時間をくれたんだよって言われたの^^
市に感謝です^^

なんかすごい長くなっちゃった^^;(そのわりに支離滅裂>_<)
スミマセン。。。(汗)
ケイリンキング
2013年12月01日 04:48
私にとって、「仕事」はある意味で「生きがい」だったのです。
それを失った事が、「絶望感」に変化したのだと考えています。

「プライド」が高いので、自分の代わりなんていないとさえ勘違いしてましたからね・・・。((^^ゞ

この記事へのトラックバック