テーマ:ジョー・ジャクソン

Joe Jackson - You Can't Get What You Want

作曲を学ぶために「ロンドンのロイヤル・アカデミー・オブ・ミュージック」に奨学生として入学する程の『ジョー・ジャクソン』ですから、デビュー後の音楽性の多彩な変化は当然だったと思われます。 時代的な背景もあり、A&Mでのデビュー当時は「ニューウエイズ」的なプロモーションされていましたが・・・。(レコード会社が同じな『ポリス』と同じパタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Joe Jackson - Right & Wrong

下記にも記入しましたが 『ジョー・ジャクソン 』と言うアーティストは、掴みどころが無いと言うか、その時に本人の興味ある音を優先させるアーティストだと思うのです。 彼がセールス的に成功した『ナイト・アンド・デイ』(全英最高位3位、全米最高位4位)の路線を継続させずに、続く『ボディ・アンド・ゾウル』(全英最高位14位、全米最高位20位…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Joe Jackson - Steppin' Out

ビルボード(Billboard)誌で、1982年12月11日に、週間ランキング最高位の第6位を獲得した「ジョー・ジャクソン」の最も有名な曲でしょう。 しかしながら、逆に「ジョー・ジャクソン」の持つ本来の多様性の音楽性の評価が低いのが残念でたまりません。 この曲が収録の名盤「ナイト&デイ」の前までの作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

You Can't Get What You Want

昨日の夕食後は、TVなど見る気など無かったので近くの公園へ行く。 ベンチ裏の住宅から、その家の夫婦の話声が聞えてくる。 お互いに文句を言いながらも、角が立たない程度の「コミュニケーション」の一部なのだと感じた。 夜の誰もいない公園にいるなんて、「不審者」扱いされてもおかしくないだろう。 1時間程、時間を潰して帰宅する。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「他人(ひと)」の不幸は、蜜の味。。。

挑発的なタイトルですけど、本当なんですよね。 自分に「実害」がなければ、「可哀そう」という言葉に相反して「自分でなくて良かった。」という感情があるのは否定できないと思います。 「私、そんな人間ではない。」と思う方はには大変失礼ですけど。 これは、今日見たDVDで「ジョージ・ハリソン」が「ロイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Sunday Papers - Joe Jackson

1979年発売の1STアルバム「Look Sharp!(全英最高位40位、全米最高位20位)」の2曲目に収録されている曲の英国1980年1月14日「ハートフォードシャー大学」でのLIVE映像です。 「サンデー・ペーパーズ」は、英国では「娯楽、ゴシップ、スポーツ、芸能」に力をいれた大衆紙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日からPC復活。。。

昨日は、弟のPC借りてUPしましたが。。。 理由は、弟のPCからだと「ログイン、パスワード」全てイチイチ入力してたのですが、ふと閃いたのです。 「エクスプローラ8」時代は、「ログイン、パスワード」ファイルからコピペしていたのが原因ではないかと。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

G3 62周年大宮記念 2日目展望。。。

昨日の初日の正解は、ムリせずに3Rに絞って資金を抑えた事だけでした。 実際に打ったのは、4、9、11の3R。 4Rは、吉田狙いだったので1=8-2,7本線で8-2,7-1が押さえでした。 結果は、佐藤(慎)←偽者の方ー広瀬ー吉田の2-4-8で171、290円。{%爆弾w…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more