ALL THINGS MUST PASS

アクセスカウンタ

zoom RSS ハイリスク、ローリターン。。。

<<   作成日時 : 2017/03/12 15:05  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

PCのキーボドがこわれて、すっかりブログも更新出来なくなる。外付けキーボードで誤魔化してるけど、2ケ月v以上更新しなくたって、どうせ誰も気にしちゃいない。

12月24日に1月で雇用契約の満了の契約書を突きつけられる。別に、拘るつもりも無いし、予感はしていたけえど予定より早かっただけの話だ。

「ホームヘルパー2級」の資格を保持しているので、「介護職」に転職しようと活動したけど、父親が高齢で夜勤が出来ないのでデイサービスに絞って就職活動するものの・・・。ハローワークでの「障害者雇用」なんて面接さえも受けられない、

それに加え、父親からの「金、金、」攻撃で顔面の左側側が「顔面麻痺」を発症する。こんな状況じゃ非開示での就職活動なんて不可能だ。

わざわざ「ハイリスク」を犯してまで「ローリターン」なんてウンザリなのだ。だけど、年齢的に「正規雇用」は望めない。しばらくは「失業保険」で、やり繰りせずを得ない。

何もなければ、他人との「会話」など存在しない。当然、父親との会話も拒絶する。「ストレス」以外のなにものでもないから・・・。

久々に、ブログを更新しているので時間潰しになる。本当に「生きている。」だけrでムダで仕方が無い。ともかく、リスクは最低限に抑え込む。

「差別」も「社会的孤立」も「若者にしかフォーカスされない。「不寛容」の時代なのだから仕方が無い。病気の私に対して平気で「甘えてる。」と言い放つ父親の様な奴等ばかりなのだから・・・。



そうさ、無駄にとしを取りすぎたのさ・・・。だから、毎晩何回も自分自身を殺すんだ・・・。吸ってるタバコは「KENT」だけどね。




我々の社会が直面している「現実」を直視しないことには始まらない。現実を直視せず、精神力でなんとかするという態度こそ、この社会で幾度も繰り返されてきた悲劇ではなかったか。誰も語らなかった難問を注目の若手社会学者が解く!(内容(「BOOK」データベースより)

本当に、こんな「世の中」ウンザリだ!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰です

先日電話したのは私ですよ。
かすやん
2018/02/03 13:50
amazon オンデマンドで「The Beatles 音源徹底分析 上・下」を出版している八木彬夫です。
貴ブログで紹介いただければ幸いです。

内容紹介
ザ・ビートルズについては多数の書籍が書かれており、今や出尽くした感があります。本書は、これまで行われたことがなかった定位の分析を行うことで、正規発売だけでなく現在入手可能なブートレグの音源までも含め、一曲ごとに詳細な分析を行ったものです。
上巻では、彼らのデビューからコンサートを止めてしまう66年までの期間を追いました。
下巻では、彼らが挑戦した新しい音の追求、67年のストロベリー・フィールズ・フォーエヴァーから、最後の録音となった70年のアイ・ミー・マインまで。さらには謎に満ちたゲット・バック・セッションの全貌を明らかに。
95年から始まったアンソロジー・プロジェクト、入手可能なブートレグの音源も含めて、一曲ごとに詳細な分析を行ったものです。

amazon > 本 > ビートルズ で検索

または

上巻(赤本)https://www.amazon.co.jp/Beatles-音源徹底分析-上-八木彬夫/dp/4802093810

下巻(青本)https://www.amazon.co.jp/Beatles-音源徹底分析-下-八木彬夫/dp/4802093829

著者について
1960年生まれ。ビートル・マニアとしては第二世代に属する。著者自身が様々な楽器を演奏し、現在も音楽活動を続けている。これらの知識と経験をもとに、まとめた本書は、小説投稿サイトにおいて、合計200,000PVの閲覧がされている。

adamasayakasan
2018/02/11 10:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハイリスク、ローリターン。。。 ALL THINGS MUST PASS/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる