Brian Wilson - Little Saint Nick - LIVE

先日、FMからオリジナルの「ザ・ビーチ・ボーイズ」の「リトル・セイント・ニック」が流れて来ました。その時に、彼らが影響受けた「フォーフレッシュメン」のコラースワークを活かしたのが後に日本では故「大滝 詠一」氏や「山下 達郎」に影響与えている事を改めて認識しました。

現在と異なり、1963年当時「クリスマスソング」を発売可能なのは人気がある証拠でもあったはずです。そういう意味では、誰でも「クリスマスソング」を発売する現在の日本での音楽シーンには違和感を覚えます。

オリジナルの映像も存在していますが、やはり作者である「ブライアン・ウィルソン」にフォーカスして映像を選択しました。再結成後の映像と比較しても、やはり「ブライアンバンド」の実力は、「ビーチボーイズ」をリスペクトしつつも完璧な演奏とブライアンの期待に応えられると思うからです。

ただし、肝心の本人が一番不安定なのはご愛嬌と言う事で・・・。

上記に記した「クリスマスソング」に関しての部分は、「クリスマス」という行事に対する文化としての捉え方にも通ずるとも思うのですが・・・。{バレンタインデー」や、近年の「ハロウィン」もですね。)



2005年のおそらくTV様に撮影されたものと思われます。ただし、ブライアンのヴォーカルは予め録音された音源だと思われます。元々は、「マイク・ラヴ」がリードボーカルを担当して、ブライアンはコーラスの要としての役割でしたからね。

ファンにとっては、信頼出来るメンバーと楽しそうなブライアンを見れるだけで幸せな「クリスマスプレゼント」なんですよね。



ユーチューブには、既に今年の映像がUPされていました。こちらは本当のLIVEです。ブライアンのヴォーカルを除いては完璧ですね。

クリスマス・アルバム(完全版)
EMIミュージック・ジャパン
2007-11-21
ザ・ビーチ・ボーイズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by クリスマス・アルバム(完全版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


『『Ultimate Christmas(邦題:ビーチ・ボーイズ・クリスマス・アルバム(完全版))』は、1998年に発表されたビーチボーイズのコンピレーション・アルバムだ。1964年に発表されたクリスマスアルバムの名盤『The Beach Boys' Christmas Album』(Tr.1〜12)にボーナス・トラックを14曲追加したものである。
『Merry Christmas From The Beach Boys』は12曲の収録が予定されていたが、今回CD化されたのはその中の6曲+アウトテイク2曲であり、まだ公式に発表されていない録音が6曲あることになる。また「Little Saint Nick」のB面「The Lord's Prayer」も収録されていない。これらのことを考えると「完全版」と銘打つのは間違っているが(だいたい「Ultimate」の訳語は「完全」ではなく「究極」だ)、ビーチボーイズのクリスマスソングを一番多くいい音で聴くことができるのが本盤であることは間違いない。』(購入者レビューより抜粋)

もう一人の方も「完全盤」に偽り有りと低評価なので、肯定的でマニアックな部分を除いて抜粋しました。勿論、私も持参していましたが・・・。ご存知の通りに処分されています。(PCには取り込んでいません。(´;ω;`)

その他にも多くのオムニバスの「クリスマスアルバム」も仕事柄持参していましたけど、もう縁がありませんしもう聴く機会も無かったでしょうからね・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック