優しく、思いやりのある「世の中」とは。。。

何をしても「満足感」を得られないので、ひたすらゲーム漬けの毎日を送っているが・・・。

今日は「健康保険」の関係で薬の不足が予想されるために「病院」へ行き(「就労可能証明書」を受け取るのがメイン。)、待ち時間に「市役所」で「国民健康保険」への切替手続きの確認しに行く。すると、明らかに精神的に病んでいる人が市役所の職員に大声でクレームをつけていた。

きっと、自分も熱くなると同じなんだろうと冷めた目で眺めていた。「健常者」から見れば、だから「精神疾患患者」は扱いにくいと思うのも当然だと思う。逆に、私自身も同じ様に「会社」から見られていたのであろう。

市役所から再び「病院」へ向かい、「処方箋」と書類を受け取り、次は「ハローワーク」へ向かう。本当は「会社」へ「保険証」を返還する予定だったが、それじゃ「薬局」に行けないので明日に回す事にする。(元々、15日までは「保険証」は有効なのだし。)

「ハローワーク」の「雇用保険」の給付係の担当者に事情を話し主治医の「就労可能証明書」を見せて確認すると、「離職票」が無くとも退職時に「会社」が「保険組合」に提出するべき「被保険喪失証明書」のコピーがあれば「国民健康保険」も即日交付可能だし、且つ「雇用保険」も仮手続きが可能だと教えてくれる。

「ハローワーク」内は、全ては「障害者雇用」窓口を通じてなので対応も親切で助かる。そして、給付係での待ち時間に明日面接予定の「会社」から出席確認の電話が入り驚かされると共に、「ありがたい。」と言う感情と退職した「会社」とのギャップを感じ何とか入社したいと改めて思う。

普通の「健常者」には何気ない事でも、「優しさ」に飢えている身には痛いほど嬉しいものなのだ。他人の事を見捨てて何の連絡もない人々よりも、親身にアドバイスや助言をくれる職員の方々の言葉の方が余程「思いやり」があると思う。

それほど、現在の「世の中」は他人に対して「優しくも、思いやり。」にも欠けていると痛感している。サービス業だけじゃなく、「役所」等でも仕事だからそういう対応しているのだとは思わない。何故なら、嘘臭い態度なんて絶対に見逃さ無いから・・・。我々は、「健常者」よりも、その辺は過敏なのだ。

だから上記の「市役所」のクレームを大声で叫んでいた人だって、本当はそんな事したくないはずなのだ。「些細な言葉や行為。」が、きっと火をつけた原因なのだろう。我々に「負い目」や「コンプレックス」があるのも、否定はしないけど。

人それぞれに、「取り扱い説明書」が存在すると思うのだ。それは、「健常者」でも変わらないはずだ。むしろ、ネット上では、「健常者」の方が異常な醜いのが現状な気がしてならない。

だから、極力避けるんだ。危ない場所へは、近づいちゃいけない。壊れるのだけは、確実に我々の方が早いのだから・・・。

追伸:予想よりも「国民健康保険」への加入が早くできそうなので、「薬局」はパスしました。経済的に厳しいのもあるけど、変な誘惑が怖いのも理由の一因です。(本当に「貧乏」は、精神的にも余裕が無くなります。)



You Need Some Lovin' (T.L.C.)
Tender Lovin' Care

「 テンダー ・ ラビング ・ ケア」と言う言葉をご存知でしょうか?前職では、機器の取り扱いに関して無駄なメインテナンスを削減するために使用していました。英和辞典等では、「思いやりがあり気遣う世話」とありますが・・・。

私は、この曲を聞くとタイトルの「PYT」よりも、「TLC」に耳が行ってしまいます。私自身の作業は、どちらかと言うと、作業は雑に見えるはずです。だけど、「消耗品」が壊れるのは仕方の無い事でもあります。

現在の世の中は、「人間」でさえも「消耗品」扱いしている気がしてならないのです。



『近頃カタカナやアルファベットの文字ばかりが目につきます。漢字で書く言葉も多いです。かなであらわす大和言葉のもつひびきが心を和ませてくれます。繊細で微妙な「今」をありありと表すという「今しがた」、控えめな態度に、譲る気持ちを込めての章にあった「さしでがましい」、少し意識するだけで品性が保たれるという「おめかし」、「ふるまい」など。全く使わない言葉ではないけれど、あまり聞かれなくなってきています。場に応じて、機微を伝え、表現できる大和言葉をもう少し意識してみたいと思います。』(購入者レビューより)

「言葉使い」が丁寧だって、「心」がこもっていなければ何の意味もありません。「仏作って魂入れず。」とは、良く言ったものだと思うのです。

この記事へのコメント

適応障害は
2015年11月14日 00:08
精神病ではないんだよね。
うつ病なのか?うつ状態が継続しているのか?は判断が難しいけど、気張らずにやることだね!!

ケイリンキング
2015年11月14日 03:56
最後にも記入しましたが、経済的に余裕が無いと「気晴らし」さえも出来ないんです・・・。
いとこ
2015年11月14日 04:53
それは、解るよ。
私も音楽事務所一次通過したけど、コンペで歌入れに4~5千円掛かるので、考えてたらトライアル期間終わっちゃった。

今は一次通過しただけでも、良いかな…位に思ってる。

歯医者に行くことになってしまったし、今後の仕事の予定も未定だから、無駄遣いは出来ない。

ケイリンキング
2015年11月14日 12:02
あのね、我々だって「環境」が整ってさえいれば「健常者」に負けない人は多いと思うんだ。だって、ある意味で「過敏」だから「病気」なんだと思う・・・。

この記事へのトラックバック