ALL THINGS MUST PASS

アクセスカウンタ

zoom RSS わかならいよ、わかるもんか。。。

<<   作成日時 : 2015/10/31 16:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

11月15日で退職したいと「退職届」を提出したものの・・・。正式には、未だ認められていない。だが、先月末で「契約満了」なのだから、就業規則などに縛られる事なんてないのだ。

勿論、その前には「有給休暇」も全部消化してやるさ。その方が、早帰りするより余程お金になるのだし。なので、半日勤務の11月13日で勤務終了にしようと思う。

今日だって、もう早出の理由の為になんかでわざわざあんな場所にはいたくないので14時過ぎにはノルマ分の仕事を終わらせ早々と帰宅する。

私と同じだけの「仕事量」を、同じ時間内にこなせる人間など存在しないはずだ。だけど、「障害者」と言うレッテルだけで、時給が埼玉県の最低賃金の820円なのだ。

もしも、何も出来ない「健常者」なら無条件で850円の時給なんて全く理解出来ない。同じ作業で、何故時給が異なるのだろうか。勿論、現在の仕事専門となっている事実が、「会社」的にはマイナスなのは理解しているけど・・・。

「ハローワーク」へ行って、「障害者雇用」の求人も最低賃金での募集が大半を占める。未開示でも働けるけど、やはりリスキーな事は、避けたいだけなのに。

社会経験のないアルバイトが初めての、「高校生」じゃあるまいし・・・。

最近、家では父親の「認知症」が進んでいる傾向にあり、買い物へ行くたびに「鍵が無い。」、「お金を失くした。」と言っては私に八つ当たりする。

自分では、私や母親の具合が悪くても全く理解しようとさえしなかったくせに、自分の事となると大騒ぎして八つ当たりされたんじゃ堪らない。

私が「プライド」が高いのは、確かに認めよう。だけど、それだけじゃ無いはずなのだ。「無理解」なのは、「会社」だって、父親だって変わらない。

「障害者」って、まともに「人間」扱いされないのだろうか?それならそれで、何か「対策」を考えなくてはならない。「人間」ではないならば、我々は一体何者なのだろうか・・・。



Cover me when I run
Cover me through the fire
Something knocked me out ' the trees

何が、私をノックアウトしたのだろう?「偏見」、それとも「差別」。
どちらにしても、私の「心」に火を点けるだけなのに・・・。

自負と偏見 (新潮文庫)
新潮社
2014-06-27
ジェイン オースティン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 自負と偏見 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


『イギリスの静かな田舎町ロングボーンの貸屋敷に、資産家ビングリーが引っ越してきた。ベネット家の長女ジェインとビングリーが惹かれ合う一方、次女エリザベスはビングリーの友人ダーシーの気位の高さに反感を抱く。気難しいダーシーは我知らず、エリザベスに惹かれつつあったのだが…。幸福な結婚に必要なのは、恋心か打算か。軽妙な物語に普遍の真理を織り交ぜた、永遠の名作。』内容(「BOOK」データベースより)

タイトルに惹かれたのですが・・・。私の考えていた内容とは、かけ離れていました。ですが、「自負」を言いかえれば「プライド」ですし、その私の「プライド」と世間の「偏見」とのギャップの大きさが私を苦しめる要因である事には間違いはない気がします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
わかならいよ、わかるもんか。。。 ALL THINGS MUST PASS/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる