Aerosmith - Come Together (Sgt. Pepper)

1978年に公開された映画『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』にゲストで、『エアロスミス』も出演して、この曲をサントラに提供しています。シングル化もされて、全米最高位23位を記録しています。

何故、彼等がこの曲を担当したのかはわかりかねますが・・・。

当時のバンドの状況は、『カリフォルニア・ジャム2』でヘッドライナーを務める等表面上は好調に見えていましたが、ドラッグ問題や「スティーヴン・タイラー」と「ジョー・ペリー」の関係悪化が進んでいました。(1980年に正式に「ジョー・ペリー」が脱退し、翌年には「ブラッド・ウィットフォード」までもが脱退。)

少なくとも解散前の『ビートルズ』に近い状況だった事が、伺われます。なので、余計に意味深な気がしてしまうのです。そう考えるのは、私だけでしょうか?

それだけに、スタンドマイクを挟んだお馴染みの「スティーヴン・タイラー」と「ジョー・ペリー」の絡みが何処か緊張感を感じてしまうのです。



「映画」の『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』は、評判も当時から良く無かったので、見ていません。なので、主演の『ビージーズ』や『ピーター・フランプトン』が見れるのは新鮮ですね。尻切れなのと、映像と音があっていないのが残念です、(埋め込みコードが存在しているのが、これだったので・・・。)

Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (1978 Film)
Polydor / Umgd
1998-04-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (1978 Film) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


『私が高校生の頃に観た映画のSDトラック。もちろんアルバムも持っています。当時の好きなアーティストがたくさん出ており、たしかTOTOもバックで参加しているので宝の一枚です。ピーターフランプトンのlong and widing・・からビージーズの兄貴の歌うday in the life へと前奏抜きで連続して入るあたりがすごく好きですね。それから、エアロスミスは自分のコンサートでもこのアルバムのcome to getherを歌ってたはずで、映像でもインパクトが強かったのを覚えています。I want you・・はいろんな人が歌い繋ぐので、アルバムジャケットのクレジットをみながら誰が歌っているのか探すのが楽しかったです♪盛りだくさんの永久保存版です!』(購入者レビューより)

アルバムは、全米最高位5位を記録、シングルでは『アースウィンド&ファイアー』が担当した、「ゴット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ」が全米最高位9位が最も成功を収めています。

『エアロスミス』の「カム・トゥゲザー」は、彼等のGREATEST HITSに収録されているので、問題無いですよね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック