それは、好きになれないよ。。。

最近、選曲してからテーマを考える時が多くなっている。なので、昨日から「何が好きになれない。」のかを、考え続けてみた。

若者中心の「安保法制」反対デモの画像をユーチューブで見たが、何かコンサートの様なノリが好きになれない。だけど、彼等がやっている事が無意味だとは思わない。

きっと、人混みが嫌いで自分が参加出来ないからかもしれない。(だから、それ以前に電車での移動が嫌い。)
まして、私を必要としている訳じゃ無いし・・・。

そう、私を必要としていない「社会」や「人間関係」の現状が一番嫌いだ。誰からもメールも電話もかかってこない携帯電話も、だから好きじゃない。

今日のような仕事が休みなのも、やはり好きじゃない。職場のストレスも嫌だけど、やはり父親と二人の時間が嫌でたまらない。

一人になれる場所が無い。時間はあっても、逃げ場が無い。

もしも、逃げ場が存在しても「お金」が無いから動けない。だから、「貧乏」も嫌いだ。(それでも、大夫慣れたけど。)後、4日我慢しなければ・・・。

財布の中身は、「野口英世」が二人だけ。職場に提出するコピーに小銭を使用したから、小瀬さえも無い。且つ、長年使用してきた財布の小銭用のチャックも壊れた。

「人間」は裏切るし、だからといって「お金」も無いし、しかもチャンスさえも無いし・・・。

そんな自分が、一番嫌いかもしれない。死に損ないの「障害者」。それが、現状の私の肩書きなのだ。だからといって、「犯罪」を犯せる程の根性も気力も無い。

その前に、「犯罪」を犯した後を考えてしまう臆病な自分が嫌だ。勿論、具体的に何をする訳でも無いけど。誰かを傷つければ、必ず自分も傷つくだろう。他人を傷つける事よりも、自分が傷つくのが嫌なだけなんだ。

無駄に生きているのは、やはり好きじゃない。だけど、何も出来ない。そして、何もしようとさえしない。毎日、ルーティンなストレスと付き合いながら時間が過ぎていく。

やっぱり、それは好きになれないよ・・・。



But I can't go for that, nooo
(No)No can do

毎回、こんな駄文しか書けないのが嫌だ。こんな文章に曲を使用されるのは、好きじゃないよね・・・。

「むなしさ」を感じたときに読む本 (角川SSC新書)
KADOKAWA/角川マガジンズ
水島 広子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「むなしさ」を感じたときに読む本 (角川SSC新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


『「むなしい」「どうせ、意味がない」。こんな空気が、いつ頃からか社会を覆うようになってきています。右肩上がりの時代は終わった、と言われる時代背景を考えれば、人が「むなしさ」を感じがちなのは必然かもしれません。しかし、単にそんなムードに流されて生きる力を失ってほしくはありません。自分の中に内在している力に気づき、前向きな希望を見出してほしい。「むなしさ」を感じているときは自分を変えるべき、というサインでもあるのです。「むなしさ」が心に充満したとき、その空虚さに負けないためのヒントをまとめました。』内容(「BOOK」データベースより)

別に「時代」の雰囲気に流されている訳じゃないし、その「空虚さ」に負けないくらいなら「病気」になんてなりませんよね・・・。

この記事へのコメント

ちゅーい
2015年08月09日 19:17
どっちが正しいか間違っているかよりも
優先されるのは好きか嫌いかですね。
生きる意味を見出せない以上に、死ぬ意味を見出せないから現状維持。
武士道でも実践したら良いのか。。。
しかし、新渡戸ももう五千円ではないから
やはり現状維持です。
ケイリンキング
2015年08月09日 19:39
嫌ですね。現状維持って言葉・・・。

この記事へのトラックバック