Duran Duran - The Reflex

『デュラン・デュラン』が、遂に全米最高位1位を始めて獲得したのが3枚目のアルバム『セヴン&ザ・ラグド・タイガー (Seven and the Ragged Tiger) 全英最高位1位・全米最高位8位』からの3RDシングルとなったこの曲でした。アルバムは前年に発売なので、翌年にヒットを記録しています。

個人的には、前のシングル「ニュー・ムーン・オン・マンデイ (全英最高位9位、全米最高位10位)」が好きですが、この年に「清里」で夏休み期間に泊まり込みでバイトしていたので、自作のオリジナルカセットで良く聴いていた記憶が蘇ります。(今じゃ考えられないでしょうね。それが楽しかったんですけどね。)

一応、避暑地なので、毎日続く「猛暑日」に悩まされる様な事はありませんでしたけど。その代わりに、人間関係や環境の変化に対応出来ずに約10キロ痩せたものです。(ストレスに弱いのは、この頃からなのでしょうか?)

昔から、直ぐに「下痢」を起こすので自分でも「予感」は感知可能でした。ちなみに、昨晩からも醜い「下痢」に悩まされています。

なのに、父親の分と一緒に昼食用に「カレー」を購入してしまいました・・・。(食事中の方、スミマセン。)

久々に、「清里」時代の事を思い出してしまいました。



何といっても、印象的なのはステージの画面から水が溢れる部分ですよね。現在からでは考えなれない程、チープな映像なんですけどね・・・。

でも、その溢れる水の様に「第2次ブリティッシュ・インヴェイジョン」は世界中を席巻していったんですよね・・・。

セブン・アンド・ザ・ラグド・タイガー <FOREVER YOUNG CAMPAIGN 2015>対象商品
ワーナーミュージック・ジャパン
2014-01-29
デュラン・デュラン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by セブン・アンド・ザ・ラグド・タイガー  <FOREVER YOUNG CAMPAIGN 2015>対象商品 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


『本作の特徴を一言で表すと“装飾過剰”。ニック・ローズのキーボード・プレイがとにかくうるさいぐらいに全編を彩り、それを不服としたバンド随一のロッカー、アンディ・テイラーの脱退を招いてたといわれていますが真相は??が、しかしこの心地よさはなんなのでしょう。ニューロマでありつつもロックバンドとしてのスタイルにはこだわりがあったといいますが、そのロックな部分に亀裂が生じて打ち込み最高!な仕様に変化したのは個人的には歓迎したいところ。説明不要な「リフレックス」はまさに本作の作風を最もダイレクトに反映した名曲ですし、他にも煌びやかでキャッチーなメロディーが満載!80sコレステロールもたっぷりな名盤です。』(購入者レビューより)

実は、前作アルバム『リオ』の方が全米では最高位6位とうわまわっています。改めて調べて驚きました。全米最高位1位獲得を収録しているのにですよ。曲の完成度も、明らかに上回っていると思うのですが、やはりインパクトの差なのでしょうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック