もがかなければ、転ぶだけ。。。

ロードバイクやピスト自転車の練習用に良く使用されるのが、「ローラー台(3本ローラー)」と呼ばれる練習用具です。詳しくは画像を見てみて下さいね。

ある意味では、「人生」って常にペダルをこぎっぱなしな気がするのです。ペダルを踏むのを辞めたら当然倒れてしまうのです。

何処かで「諦め」と言う言葉が頭に浮かぶのですが、やはり現在の職場にこれ以上勤務するのはウンザリです。昨日だって、ダンボールを私にぶつけても笑いながら謝るなんて信じられません。(勿論、こちらも無視。)

なので、午前中勤務だった金曜日に「ハローワーク」に寄って正規雇用以外の「障害者雇用」の求人票をチェックしてきました。(前回応募した、ドラッグストアの合否の確認も目的でしたけど。(やはり、不採用と言うか面接までも行けずです。)

現在の職場が時給830円の週31時間の契約なので、それ以上の勤務時間が可能な職場を探しています。ですが、相変わらず最低賃金の仕事が多数を占めています。

また、ネックになるのが不便な場所に住んでいるのと、バス、電車等が苦手なので車輌通勤可能な場所でないと正直無理だと考えています。(現在の職場の様に交通費1日200円じゃ、完全な赤字ですからね。)

一般求人も視野に入れながら、求人誌も定期的にチェックしていますが・・・。

残された時間は年齢的にも確かに多くありませんが、ともかく勤務時間だけでも増やせれば収入は増加しますよね?まして、これまでの約2年間の生活を無駄にはしたくないのです。だけど、正規雇用が現実的で無いならば少しでもステップアップしなくちゃ意味が無い気がするのです。

仕事に就くまでも散々もがき続けてきましたけど、現在の方が明らかにもがいているでしょう。(ダブルミーニングですよ。)それこそ、何回も倒れそうになりながらも、何とかやってきました。

9月末が契約満了ですから、もう契約更新はしたくないのです。環境や勤務時間が増える事は、当然リスクも増加するでしょう。ですが、「自信」を得られる可能性も秘めているのです。(元々、現在の職場では他の従業員の人達とはコミュニケーションなど無いに等しいですから。勿論、最低限の挨拶は欠かしませんが。)

誰にも期待などしちゃいないし、自分でもがくしか無いと思うのです。それでも、正直「ハローワーク」へ行くだけでもストレスになります。(おそらく、「健常者」の方だってそうだと思うのです。)

ですから、本来なら昨日も15時で早帰りしているのでブログも更新可能だったのですが気力が湧きませんでした。下らない父親からの文句も、多少影響していますけどね。

転ぶ事は、決して怖くはありません。むしろ、「絶望」を抜けて本当に「諦め」の人生を残り時間全て過ごす事の方が、恐怖ですし耐えられません。楽には楽かもしれませんけどね・・・。



ネットで検索したら、「ローラー台を使っての自転車トレーニングって、全然楽つまりしくないと思いませんか?」と記入されていました。画像は、プロの競輪選手なのでそんな事は考えていませんし、工夫を凝らした練習になっています。ただし、ローラー練習は楽な方で、逆にレース後のクールダウンにも利用される程度です。

ピスト自転車には基本(道路走行時を除く)ブレーキは装着されていません。ペダルも逆に空転する事もありません。つまり、ペダルの回転を止めるのがブレーキ代わりなのです。

この意味を理解をして頂かないと、意味が通じませんからね・・・。

競輪王ゼロ (6)完 (ニチブンコミックス)
日本文芸社
2015-01-29
山本 康人

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 競輪王ゼロ (6)完 (ニチブンコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


『競輪学校時代から後塵を拝し続けた同期にしてSS戦士、白羽への先着から生まれた慢心を乗り越え、前橋「オールスター競輪」へ挑むレイジ。その目が見据えるは競輪最高峰「KEIRINグランプリ」。数多の辛苦を乗り越え、どん底から歩み出した「競輪王」への道。今は亡き悦子、そして愛娘・ことりへの誓い。その果てにレイジが見たものとは・・・! ?』(内容紹介より)

残念ながら、明らかに「打ち切り」のために無理矢理に終わらせた感しか残りません。一番悔しいのは、作者な気がしてなりません。これが現在の「競輪」の実情なのでしょうね。何故なら、主人公は、まだもがききっていないのですから・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック