「他人」の傷みは、絶対にわからないから。。。

君は、昨日「シンドイ。」と何度も嘆いていたけど・・・。

正直、僕にはわからいよ。だけど同じ様に、君には僕のシンドさは理解出来ていないよね?「うつ病」は簡単な病気って、結構残酷な言葉なんだよ。

「他人」の傷みは、誰にも理解出来ないから職場でもストレスにさらされて・・・。

僕一人じゃ無理な事も、二人ならばと夢見たさ。出来る事なら、君の助けになりたいとも思ったさ。だけど、それも君には「シンドイ。」事なんだよね?

君が語っている「矛盾」にだって、いくらでも突っ込めるさ。だけど、そうはしないだろ?きっと、自分でも気付いているはずだからね。

最近、「睡眠導入剤」に頼らないと十分な睡眠が取れない。主治医曰く、「神経が過敏になっている。」と指摘された。明日も、履歴書に同封するための意見書を貰いに病院へ行くつもりだったけど。「ハローワーク」にファイルされていた去年の意見書のコピーを貰ったから行かずに済んだ。(3千円だって、馬鹿にならないしね。)

その分、履歴書と職務経歴書に時間を費やすだろう。僕は、僕の道を歩むためにね。だけど、本当はもうどうでもいいのさ。「現実」はシビアで、厳しいのは十分に味わってきたからね。

わかったフリなんて、絶対しないよ。そうしたら、「嘘」になるから・・・。

この間なんて、職場のバネの故障で指を挟んで大声で叫んだって誰も気にしちゃいないんだ。だから、「心」の叫びなんて誰にも伝わらないのさ。

現実に血を流していたって、誰も気にしないのだから、見えない「心」など誰にも理解出来るはずなんてないのさ。



You can go your own way! Go your own way
You can call it another lonely day 、Another Lonely day
You can go your own way! Go your own way ・・・・。

「君の道を行くがいい、君の信じた道を。」、今の爆には、それじか言えないよ。


きみの行く道
河出書房新社
ドクター・スース

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by きみの行く道 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


『おぼえといてほしいのは 「人生ってのは、いつもつなわたりだってこと。」
 わすれちゃいけないのは 「かしこく、すばやく、ぬけめなくってこと。」
 もっとたいせつなのは、 「ぜったいに 右足のつもりで左足を出しちゃいけないってことですよ。」

の「かしこく、すばやく、ぬけめなく」には、古いタイプのやや引っ込み思案な日本人には、少し違和感を覚えました。
とろくて、ぬけめなく生きられない、ぶきっちょな人間も救って欲しく・・・。』(購入者レビューより抜粋)

賢くなくたって、構うもんか。不器用にしか、生きられないのだから。だから、救われなくたって、構わないのさ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック