Rod Stewart - MTV AWARDS 1984 - Infatuation (Live)

「第一期ジェフ・ベック・グループ」のメンバーとして、1968年にデビューして、「フェイセズ」を経て(ソロとしても活動開始)長期間第一線で活躍している『ロッド・スチュワート』でうsが・・・。

その中でも1980年代の中期は、ある意味では評価的にも空白機関であった気がします。ただし、この曲(全英最高位27位、全米最高位6位)が収録された『カムフラージュ』 (全英最高位34位、全米最高位31位)は、旧友「ジェフ ベック」が参加と言う事で話題にはなりましたよね。

ツアーにも参加したはずですが、予想通り直ぐに「ジェフ ベック」は離脱したと記憶しています。もしも、このステージに「ジェフ ベック」がいたらと思うと残念でなりません。

ですが、そのお返しに翌年の「ジェフ ベック」の『フラッシュ 』において「ピープル・ゲット・レディ(全英最高位49位、全米最高位49位)の名曲が聴けたのですから良しとしましょうね。

ちなみに、ユーチューブで「ジェフ ベック」のLIVEに「ロッド・スチュワート」が飛び入りした映像がUPされています。その時の「ジェフ ベック」の驚きと戸惑いと嬉しさが混ざった表情がとても印象的です。

それだけに、余計にこの時期の共演映像が見たかったのですけどね。



LIVEとはなっていますが、明らかにバックは「ジェフ ベック」のギターですし、カラオケ使用と思われます。本編では、PV使用しますけど。ただし、往年の彼らしいステージングは堪能出来ると思います。(画像が汚いのが難点ですよね・・・。)

Camouflage
Warner Bros Mod Afw
1987-06-01
Rod Stewart

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Camouflage の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


『84年、久しぶりに「ロッド節を耳にした」といえるアルバムがこの1枚。旧友ジェフ・ベックも参加しており、全盛期を思い起こさせる内容で、第一線に返り咲いたきっかけになったと思う。翌85年にはジェフ・ベックのアルバム「フラッシュ」で「ピープル・ゲット・レディ」を歌い、恩返し?をしたのもうれしかった。』(購入者レビューより)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック