「生きがい」なんて、そんな簡単に見つかる訳がない。。。

先日の通院日に主治医から、「新しい生きがいがあれば・・・。」と簡単に言われ愕然とする。

確かに、現在の私には「生きがい」など存在していない。前職で、自分が出世コースから外されても部下やアルバイトを育てるというのが「目標」だし、自分と関わった人々が幸せになることが「生きがい」だった。

それで、充分だったんだ。自分自身じゃなくたって、満足感を得られたのだ。そして、それが自分の存在意義でもあると思っていたからだ。

「目的」があるから、それに対して「目標」を計画する。だが、「目的」がなければ「目標」を計画しようがない。それほど生きて行くのに重要な事など、新しく見つける事は容易なはずなどないのだ。

翌日、いつものように夜中の公園で自分の過去のブログを見直してみる。(流石にタイトルだけだが。)明らかに、自分は病んでいるのを再認識する。

前日に、病院内で泣き叫ぶ老婆がいたが旦那さんが自分のことを理解してくれないと訴えていた。そういう意味では、このブログで私は老婆と同じ行動をしているのだ。

ただ、人前で行動として表さないだけなのだ。基本的に、職場でも無表情だ。感情も沸かないから、当然だろう。だからといって、不機嫌とか仏頂面をしている訳でもない。

「能面」は角度により感情を表現するそうだが、私は「能面」以下でしかないのだ。

そんな存在に「生きがい」など、新たに見つかる訳もない。その前に、そんな気力もないけど・・・。もう、自分なりに充分頑張ったよね。



本当は、主題歌だけで良かったのですが・・・。「人生の分岐点」というテーマなので、そのまま第一話をUPしちゃいました。(字幕がウザイですが・・・。)

私は、既に分岐点を過ぎて向こう側の人間なのだ。ただ、ドラマと違い過去に戻っても、きっと同じ過ちを繰り返すのだろうけど。

生き甲斐の心理学
ユースフルライフ研究所
植村 高雄

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 生き甲斐の心理学 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


『自分の心を振り返るために必要な知識がまとめられています。なぜ人は悩んでしまうのか、なぜ不安な気持ちが起こるのか、理由がわかるだけでも心が軽くなります。人は不安になってあたりまえ、と言われるとなるほど!と妙に納得しました。』(購入者レビューより)

正直、1冊の本で解決出来るなら読んでいます。ただ、参考になる方が存在したら、それで良いと考え紹介しているだけなんです。

この記事へのコメント

いとこ
2014年10月27日 04:40
希死念慮がある人に『目標』『目的』持てと言ってもね…コラ喧嘩売ってんのか!!…となるね。いやー、その先生殴りたい(-"-;)
そう思える気持ちまで上げるのが、仕事だろうが 今飲んでる薬をしこたま飲ませたい(*^o^*)

ケイリンキング
2014年10月27日 18:47
ただ、普通なら薬を増やすのにそうしなだけまともかもしれないよ。ネットとかで、「うつ病」の経験のある精神科医と比較しちゃうと劣るかもしれないけどね・・・。
いとこ
2014年10月27日 19:37
確かに薬を増やされたり、変えられたりすると最悪だけどね。私は2年間やられたよ(T_T) まぁ、必要最低限の薬を貰いに行くと思えば、先生の言葉はスルーで良しo(^-^)o
と、私も思ってるけど、やっぱ凹むよね。

この記事へのトラックバック