叫べば、叫ぶほど指さされ。。。

去年の当初の予定では、今頃は転職してたはずです。ですが、ハローワークに通い3社に履歴書送付しましたが、全て書類選考で落とされています。(全て「障害者雇用」です。)

年齢的や精神疾患がネックだと思うのですが、ハローワークの担当者は精神疾患は理由にはならないと言っています。ですが、企業側としては非常にリスクが大きいですし不安要素だと思うのです。

現在勤務している会社でも、「有給休暇」に関して「労働基準監督署」への相談等で雇用契約時は全従業員中で私だけが本社の常務、司法書士を含めた4名との面談でした。(ある種の圧迫面接ですよね?)

上記の行為により、雇用契約書が変更され「有給休暇」に関して追加されたのは意義があったと感じていますが「会社側」から睨まれているのは間違いありません。

確認はしていませんが、半年契約は私だけかもしれません。他の人よりも「労働基準法」の知識があるために、「解雇」に関してもうるさい存在なのは確かなのです。

契約更新時に提示された昇給条件に関しても、何の進捗もありません。むしろ、現状以上に働く気なども無いのですが・・・。

帰宅すれば、父親からの罵倒の日々。今朝も「J」から帰宅早々に嫌味口撃。ウンザリです。「何もしない。」「自分の部屋さえ管理しない。」等言われたって、自分の部屋を使用させないのはアンタじゃないか。

すでに、こちらはいつ死んでも良い状態にしてあるし「衣類」も整理したけど、それを崩したのは実は「母親」なのだ。
死人に鞭打つ気などサラサラなにので、黙っているだけなのだ。

何処へ行っても、自分の居場所が存在しない。主張すればするほど、惨めな目に会う。

「会社」には低賃金で搾取され、自宅では自分の「障害年金」を家のリフォーム代金で搾取される。先日、改めて調べてみたが「競輪」の電話投票も7月以降は全くしていない。

勿論、「交通事故」や「サイト」のトラブル等で余裕が無いのは自己責任だから仕方がない。「サイト」のトラブルに関して弁護士に依頼するも、何の進展もなく連絡さえない。

期待するだけ損するのだ。元々、自分が蒔いた種だから、ある意味では覚悟しているが。弁護士だって、お金にならない仕事なら後回しにするだろう。

今更、「病気」が完治したって状況が変わるとは思えない。「社会」の底辺で何の目標も、目的もなく生き延びるのはゴメンなのだ。

だから、まだ叫べるだけマシなのかもしれないが・・・。



まだ、PVが作成されていないのでストアLIVEの映像です。オマケに歌詞もネットではUPされていません。
この曲の違う部分の歌詞を使用してから、すでに2週間も経過しています。

多分、「間違いだらけの自分」とか、「擦り切れた心」とか様々な歌詞が心を揺さぶるのです。

ちなみにこの映像の「モラージュ菖蒲」も、私を見捨てた後輩が前職の店舗をOPENさせています。他の映像と比較して1番良かったので採用しましたが、これも「偶然」ではないと思っています。



『「認められたい」「理解されたい」「わかってもらいたい」。両親の離婚により、幼少期に親戚、施設などを転々。虐待を受けたこともある著者が書いた「自分の居場所の作り方」「認められる技術」とは?ザ・リッツ・カールトンホテルでの伝説のセミナーが一冊に。』(「BOOK」データベースより)

他人の事を本当に理解できる訳など無いと思うのです。理解したフリなら可能ですが。(話を聞くだけでも違うのは、否定しません。)だって、自分自身の事さえ、本当に理解してるとは思えないのですから。

この記事へのコメント

2014年09月08日 21:02
こんばんは^-^

自分の居場所について考えてみると、
居場所って、落ち着く場所であったり、
温かく感じる場かなと私なりに感じ取りました。

帰宅するとお父さんからの罵倒の日々って
辛いですよね。

私自身も父と母は離婚しましたが
一緒に暮らしていた時間、家族の中も
居辛い場所でありました。

心が悲鳴をあげたり、時には本当に
悲鳴があがるような家庭でした。

今は、その時の辛い経験を思い出し、
(自分なりに気持ちも整理できました^^)

その経験などから心理カウンセラーを目指し
資格も取りましたが、日々色々な事を
感じながら私自身も必死に生きている感じです^-^

またブログ拝見させて頂きます^-^
ケイリンキング
2014年09月09日 18:19
コメント、ありがとうございました。

本当に悲鳴をあげてしまえば、楽な気がします。
その代わりが、ブログやツイッターなどだと感じています。

この記事へのトラックバック