世の中で今起きていること、ボクにはもうついていけないよ。。。

昨日、先週応募した企業から不採用通知がきたので「労働基準監督署」へ行く前に、ハローワークで新たな企業の紹介状をもらい早速応募する。だが、ハローワークの職員によると、今まで11名応募したが1名も採用されていないという。本当に採用する気があるのだろうかと、疑問が湧いてくる。

おそらく、私も不採用だろう。前回は明らかに私のミスで「職務経歴書」を付け忘れたのが大きな原因だけど。今度はアルバイトではなく、嘱託社員だからハードルは高いだろう。

次に「労働基準監督署」へ行き、先週相談を受けてもらった担当の方に現状を報告する。すると、現段階では「イエローカード」でしかないらしい。なので、会社へ「請求書」を提出して期限までに未払の場合に始めて法律違反が確定するそうだ。(「請求書」を提出してから、1週間から10日程度が期限に設定するのが通例らしい。)

今朝の新聞でも、今後の「労働人口」減少をカバーするために「女性」と「外国人労働者」の受け入れでカバーする事への問題点を指摘していたが。

これも、ツイッターでは記入したが個人的には「障害者」と「高齢者」でも、ある程度はカバー可能ではないかと考えている。「厚生省」の「障害者雇用」目標は、わずか2%なのだ。つまり、100人に2名も就労できていないのが現状なのだ。「障害者雇用」に交付金など給付するのであれば、その給付金は「健常者」との時給格差是正や新たに「障害者雇用」するための施設、環境作りに使用されるべきお金だと思う。

上記は「高齢者雇用」に関しても同様だ。「高齢者」には体力が衰えても、それをカバーする「知識」「経験」「スキル」を持つ人も多いはずなのだ。だが、現状では低賃金で労務費用を抑えるための雇用が現状が、大半を占めていると思う。

弱い立場につけこみ、「障害者」や「高齢者」を活用しようとしない国がオリンピックやパラリンピックなんて開催する事に疑問を持つ。馬鹿馬鹿しいとしか、言いようがない。

こんな世の中には、もうついていけない。だから、本当にそろそろ人生からリタイアする時期な気がしてならないのだ。もう、ウンザリだから・・・。





I can't keep up with what's been going down
I think my heart must just be slowing down

「愛の顧問弁護士」なんて、この世には存在しない。弁護士でさえ、収入が安い案件なんて後回しなんだ。
何のために、弁護士に苦労してなったのかと思う。

勿論、全ての弁護士がそうではないのは当然だけど・・・。

まる分かり平成25年改正障害者雇用促進法〔速報版〕
労働新聞社
労働新聞社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by まる分かり平成25年改正障害者雇用促進法〔速報版〕 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


『雇用の分野における障害者に対する差別の禁止および合理的配慮の提供義務を定めるとともに、精神障害者を法定雇用率の算定基礎に加える等の措置を講じることを目的として、障害者雇用促進法が改正されました。内容により施行年月日が異なっており、障害者の雇用促進に向け企業が行うべき対応を改正事項ごとにわかりやすく解説しています。』(「BOOK」データベースより)

ハローワークの障害者雇用を閲覧すると、世間からいわゆるブラック企業と呼ばれている会社の募集賃金はみごとに最低時給となっています。通常の健常者でも、募集時給は低いはずです。(勿論、地域差は大きな要因ですけどね。)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック