みんなが心配してるんだ、君が今夜ご出陣かどうか。。。

もう、今夜は出陣はしないさ。もう、ヘトヘトに疲れてるんだ。

昨日も、久々に午前様ではなく睡眠導入剤も服用せずに7時間半も眠り続けた。
だけど、直ぐに「J」でモーニングを摂るために家を出る。

今日は日曜なので、甘い誘惑のメールが多く送られてくる。だけど、今度こそ卒業なんだ。
冷静な私には、いろんな物が改めて見えてくる。

暴走する私には見えなかった物が、少しずつ明らかになる。
携帯からだって、様々な事は検索可能なのだ。

つまらない嘘なんて、見抜けるのだ。だが、暴走する私には見えない。
だから、毎晩のように徘徊するために出陣していたんだ。

車の運転は下手だけど、運転自体は嫌いじゃない。それだけで、ストレス発散させていた部分もあったのかもしれない。振り回されていたことが、ある意味ではストレス発散に繋がっていたのかもしれない。

しかし、それも卒業に合わせて睡眠導入剤に移行する事になるだろう。
経済的破綻を避けるには、それしか残されていないのだ。

ウィークエンドなんて、私には関係ない話なのだ。ウィークエンドよりも、本当のジエンドの方が相応しいし、それを望んでいる。出陣なんかよりも、みんなを心配させるかもしれない。

でも、それが本心なのだから仕方ないのさ。



You want a piece of my heart
You better start from the start
You wanna be in the show
C'mon baby let's go

誰も、私のハートのかけらさえ必要となんて必要としていない。
もう、ショーの中からも卒業だ。短いようで、長い1ケ月だった。

また、孤独な週末に戻るだけの話なんだから。

徘徊
文芸社
加藤 和紀

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 徘徊 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


『鎌倉のとある病院に勤める33歳の精神科医をめぐり、4人の女性が恋の火花を散らす。全く違う個性と過去を持つ女性たちに共通する悲しみが読む者を魅了する。優しさ、したたかさ、高貴さ、純粋さを表現した恋愛小説。』(「MARC」データベースより)

「徘徊」とは 、 ① 目的もなく,うろうろと歩きまわること。うろつく こと。② 葛藤からの逃避,精神病・認知症などにより, 無意識のうちに目的なく歩きまわること。どちらも当てはまる私はなんなのだろうか?

歩きではなく車でだが、結局何も得られない事は理解しているのに、やめられないのだ。知人達には心配かけているのも、十分に承知しながらも・・・。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック