いろんな ものが、見えてきた。 見たくはないものばかりだけど。。。

結局、今日も午後の段ボールプレス作業中で罵詈雑言を吐いてしまう。

イライラさせて欲しくないのに、みんなには理解されない。日本語さえも、理解してくれない。
相手の立場なんて考えない。固い段ボールが、どれだけ危険なのか、バラバラな段ボールを投げつけられる気分がどんなに惨めなのかを・・・。

明日、課長には言ってみようと思う。明日はプレス作業じゃないけれど、水曜日も同じなら「労働基準監督署」に相談すると。。。

別にやりたくない仕事なのだから、無理して働かなくたって構わない。そこまでして、生きていたくもない。

見たくないものを、無理してまで見なくたっていいはずだ。もう十分に見てきたし、経験もしてきたのだから。先月末に応募した企業からは何にも連絡さえない。

障害者だからといって、馬鹿にしてるのだろうか?

世の中、そんな事ばかり。これからの残りの時間は、見たいものだけを見ればいいさ。そんなに見たいものなんて、無いけどね。



最近 だんだん わかってきた
僕が 死んでも 誰も泣かない
               作詞:松本 人志

誰もなかないのは、別に最近気づいた訳じゃない。昔から、わかっていた事さ。
だって、私だって誰が死んだとしても泣かないだろうから・・・。

アスペルガーの女性がパートナーに知ってほしい22の心得
スペクトラム出版社
ルディ シモン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アスペルガーの女性がパートナーに知ってほしい22の心得 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


『アスペルガー症候群や高機能自閉症と診断された女性、診断はされていないが自分がおそらくそうであろうと思っている女性にとって、パートナーの男性と理解し合ってよい関係を維持していくには、パートナーの男性に自閉症スペクトラムの自分の特徴や苦手なこと、困ったときの対応など、さまざまな事を知っていただくことが大変に重要です。本書は、著者ルデイ・シモンが多くの当事者(アスパーガール)から情報を集め、集約・整理して、パートナーにしていただきたいことをまとめたものです。』(内容紹介より)

「精神疾患」という誤解される病気を、本気で理解するのは難しいと思います。ですが、理解しようとする姿勢さえも示してもらえないのが1番辛い現実です。

私の事は、「 エキセントリック」と見過ごしてくれれば結構ですけどね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック