輝きは戻らない。私が、今死んでも。。。

月曜日に父と下らない大喧嘩をして以来、調子が悪い。その日は余剰の精神安定剤(メイラックス)を飲み込んで寝込んでしまう。

昨日も、精神的には落ち込んでいたが何も言われずに残業。普通、事前に確認しますよね?多少の微熱はあったけど、最初から想定済なので構わないが・・・。

昨日の夜も、精神安定剤(メイラックス)を飲み込むが夜中に下痢で起きる。とても寝付ける状況ではないのでコンビニに行ってから「J」でモーニングして出勤。だが、頭の中はクラクラしている。

なので、課長に昨日から不調なので午前中で早退したい旨を伝えるが・・・。水曜日は、毎週「人がいない。」と大騒ぎしている。だけど、人員を揃えるのは労務担当の社員の仕事だし関係ない。

まして、「うつ病」で障害者枠で雇用されており、その症状が悪化しているのだから早退するのは何の問題もないはずだ。だけど、全く人員の確保など動く気配もない。

仕方がないので、休憩後1時間でプレス場を空の状況にしてから帰宅する。全く馬鹿げた話ばかりだ。

昨日、帰宅してからツイッターで「ある意味で「自殺」という選択は「社会」や「システム(組織、行政)」または個人に対しての復讐の意味が含まれていると考える。なので「絶望」だけが理由ではないと思う。#自殺」とだけ記入する。

だけど、言いたい事の半分しか記入していない。周りの人間は故意でなくとも間接的な加害者なのだ。本人が惨めな思いを嫌うのであれば自殺する選択肢は否定できない。

逆に、中途半端に止める方が残酷だと思う。だから、もう輝けないのであれば死んだ方がいい。そうすれば、父に対しての復讐も完結できるのだから。



窓辺に置いた椅子はないし、夕陽なども見ることもない。
だけど、自分の人生が夕暮れである事には間違いはないだろう。


もしもノート
宮下印刷 出版部
須斎 美智子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by もしもノート の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


『遺言は死後に自分の意思を実現するために書くものですが、「もしもノート」は、その前に自分の望むことを自分に代わってして貰うことになったとき、家族や周囲の人が必要になることを伝えるために書いておくものです。』(内容紹介より抜粋)

こんなノートを買うまでもなく、とっくに記入済です。
①生命保険の証書。並びに連絡先。
②葬儀は望まない。(香典くれるくらいなら、死ぬ前に会って欲しい。)
③散骨して自然に返して欲しい。

この3点だけしか記入していません。父がお金を望むのであれば、喜んで死んでやりますよ。このまま、生きてる方が」、馬鹿らしいえすからね。

この記事へのコメント

あん
2014年04月16日 11:46
にほんブログ村。それぞれの持病トーナメントから。

ごめんなさいね。トーナメントにあった記事をふんふんと読んでたらちょっと気になって。無責任なコメントです。

私、去年に27年間勤めていた仕事を辞めました。高校の教師だったんですけどね。もう50も半ばですから辞めてもどうってことないんですけど、理由はうつで3年休職してて、それでもう復帰は諦めました。休職している時もレキソタンを多用してて、結局最後はレキソタンの他に睡眠導入剤や降圧剤なんかを大量に飲んでしまって、庭に倒れているところを運よく隣人に発見されて救急車で運ばれて意識不明でICUに3日間入ってて、その後精神病院に転送されて入院してました。多分、死ぬつもりだったんでしょうね。よく覚えてないですけど。遺書も書いてましたから。

(800字を超えそうなので次に続く・・・)
あん
2014年04月16日 11:48
(続き・・・)

それが3年くらい前の事ですけど、今は障害者年金貰って生活してます。今から思えばあの頃はいろいろと考えていたこともあったみたいですけど、全部忘れました。多分、どうでもいいことを深刻に考えてたんだと思います。あ、決して今のあなたがそうだ、と言っている訳じゃないですよ。あの頃は私も真剣に悩んでましたから。

けど、今思うと生きていた方が断然よかったです。他人様からみれば年金貰って不甲斐ない生活しているだけですけど、これで結構楽しいですから。飯もうまいし。

えーと、何が言いたかったのかというと、最後の方に生命保険云々の事が書かれてますけど、自殺じゃ保険金は出ないかもしれませんよ。私の場合は入院費も出ませんでしたから。保険会社の人が家まで来て【なんで死のうと思ったんですか】とくだらない質問されて【そんな事、自分でもわかんないよ】という不毛の会話をしなければならなかったという苦い記憶があります。

あなたのプロフィールも詳しく読んでないので、まったく的外れ、見当はずれのことを言っていて不愉快千万、無責任極まりないコメントになってたらごめんなさいね。うっとうしく思ったらごめんなさいね。私、バカですから他人様の繊細な心の機微はよくわからないのです。

じゃ、機会がありましたらまた。(・・・と言いたいことだけ言って無責任に去る私。スタスタ・・・)。リコメは不要ですよ。

なお、このコメント、読み終わったらすぐに削除してくださいませんか。恥ずかしいから。
ケイリンキング
2014年04月16日 18:21
あんさん コメントあいがとうございました。境遇は似ているかもしれませんね。ただ、現状は何も楽しくありません。保険金なんて、本当はどうでもいいんです。

ただの言い訳ですから・・・。
いとこ
2014年04月29日 21:08
何か行動を起こすとき。特に問題行動をする時は、病気に対して、自分に対して、周囲に対して…の3要素が素晴らしく重なった時かな?と思う。
見た目だけでは判別不可能、症状を説明するも理解されず…そうしたら、相手や周囲に対して憎悪の気持ちが涌くのは当然で、手っ取り早いのが自殺やリスカだったりするよね。
死ぬ事にも恐怖は無いしね。
ケイリンキング
2014年04月30日 22:01
死ぬという選択をしないだけで、生きていたい訳でもないし・・・。このままフェイドアウトするんだろうね。

この記事へのトラックバック