流れ込みの「人生」なんて。。。

就労終了時間過ぎに、つくば市のK氏から電話で「KEIRINグランプリ2013 」の結果を聞く。周回中の並びが予想と変わっていたが、電話投票時に長塚がギアを落とした事で金子の番手狙いに確信を持つ。

だが、新田と深谷のもがき合いを期待したのだろう。自分だけ3着の競争には納得いかない。自力を匂わせていれば金子ー浅井ー長塚で23,930円の配当になどならない。(K氏は、素直に2枚GET。)

特に、後閑はそんな展開であれば平原と2車か単騎の方が納得したレースになった事だろう。それでの8着ならば、本人も後悔しないと思うのだ。

そして、車券を購入した方々も同様だと思う。間違って競り負けとか、浅井の所への飛び付きになったとしても・・・。レース中で迷ってはいけないのだ。また、競輪祭同様に深谷に先行させてしまった新田にも9着以上にタイトルホルダーを目指すのであれば反省してもらいたい。

自分に、どれだけの「お金」が掛かっているのか意識しなければプロとは言えない。せめて、番手の成田が絡めば話は別だが・・・。

私自身は、今日もストレスとの闘い。ふと、「今の姿を母は望んでいるだろうか?」との思いが頭をよぎる。係長ともハッキリと「割り切れないなら、辞めた良い。」と言われている旨を伝える。

仕事に対しての「信用、信頼」とかほざいていたが、すでに4ケ月勤務しているのだ。タイムカード確認するdけでも、どれだけ貢献しようと努力しているかは理解できるはずなのだ。

こちらは、「信用、信頼」ではなく「不信感」で一杯なのだ。「障害者」という肩書きだけを利用されているのだから・・・。

「父」は、平気で「雇用保険」が適用されるまで我慢したほうが良いと平然としている。その期間が2年であることなど知らずに・・・。

このまま、流れ込んで生きていようなどとは思わない。「母」も、そんな生き方は望んでいないはずなのだ。「会社」、「父」との間で悩んでいるのは、迷っているのと一緒かもしれない。

ウンザリしながらも、明日も朝から早めに勤務開始するだろう。勿論、元日もだ。
2014年は、自分なりに燃え尽きたい。例え、「再発」しようとも・・・。



「寿命」なんて気にしない。好きなことを我慢してまで、生き延びて何の意味があるのか?
守るべき人が存在しているなら別の話だが・・・。

蝋燭の炎は燃え尽きる前に強く赤く揺らぐ (双葉文庫)
双葉社
2012-08-09
勝目 梓

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 蝋燭の炎は燃え尽きる前に強く赤く揺らぐ (双葉文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


『いくつになろうとも、人は生きている証を求めようとする。老いを迎えた男と女が生の瞬間を確かめるために、己の性と向き合う。自ら建てた貸しバンガローで夜な夜な他人の秘め事をのぞき見る男、街で声をかけてきた見知らぬ淑女に仕置きする快楽を教えられた男…歳を重ねたからこそ激しく燃える「生と性」の6つの物語。』(「BOOK」データベースより)

確かに、「快楽」を求めているから「競輪」にのめり込む。それが、現在の「生きている証」なのだ。
本当は、「仕事」を生きている証にしたいのだが・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

とり
2013年12月30日 21:23
キングさんはね、早く今の仕事辞めた方が良いと思うんだよー。
お父さんの心配事が心配なら、辞めてから早いうちに次の仕事に就けば解決するでしょ?
間に合わせでも、今の職場でやりぬいてるんだから、どこでもいけるんじゃないかな。
キングさんのレースはキングさんが走ればいいじゃない^^
無神経に聞こえたらゴメンね^^;

適材適所だと思うのー^^
ケイリンキング
2013年12月31日 17:49
いいえ、父の性格は理解できないでしょうね。

自分が、本当に何に適しているのかも疑問だしね・・・。
とり
2013年12月31日 20:29
キングさんのお父さんの性格を理解しようとは思わないの。
キングさんが、そこから脱却して今までと違う道を歩んで欲しいなって思うの^^

自分の両親も自分の悩みの種だしね^^;

キングさんはきっと優しい人。だから、接客業長く続けられたんじゃないかな^^
。。。って、勝手に思ってるよー^^
ケイリンキング
2014年01月01日 19:00
多分、もう自力選手じゃないんだよ。きっと、自在か追い込みに変わる時期なんだろうね。

確かに、「販売、接客」は好きだけどね・・・。

この記事へのトラックバック