私には、選択肢はない。。。

今日は、午前中のみの勤務。相変わらず前日からの残りの仕事を押し付けられる。それでも黙って午前中の責任分の仕事を済ませて、「病院」へ向かう。

「主治医」に現状を訴え、「診断書」を記入してもらう。明日、会社に提出する予定だ。

今日、改めて感じたのは「障害者雇用」でも、私のような「精神疾患」ではなく「発達障害」等の人々の扱い方しか会社は知らないのだと思う。

「主治医」は解雇される事を懸念していたが、そんな事はできるはずが無い。そのために「雇用契約書」に一筆記入させているのだから・・・。

解雇するなら、1ケ月以前の通知が必要なのだ。または、1月分の平均月収の支払いが必要となる。ケチな会社が、そんな選択をする訳がない。

でも、おかげでストレスに対する免疫や対処法を訓練してくれた事となった。「主治医」からも、「障害者」であることを未開示でも就労できるのではとも言われる。

「解雇」するなら、してみればいい。少くとも、名前ばかりだが「管理職」としての実績は私の方が明らかに法律に関しても詳しいはずなのだ。

解雇通告されたら、次のステップにも堂々と進められる。選択肢なんて必要ないのだ。明日が楽しみで仕方がない。今まで受け続けたストレスを吐き出してやるんだ。

どれだけ、人を馬鹿にして都合よく利用してきたか・・・。
アンタ達には、絶対に理解できない事だろう。



I hear your voice
it’s like an angel sighing
I have no choice
I hear your voice

「父」は、現在勤行中。そして、いつも「母」に語りかける。だけど、それなら生前中に語りかけてあげれば良かったのにと思う。「母」は、実は嫌がっていたのだが・・・。

私は、「母」の仏前でしか祈らない。それは、「挨拶」に近い感覚だと思う。「母」は、それでも充分だよと言ってくれるはずだから。

脳科学からみた「祈り」
潮出版社
中野 信子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 脳科学からみた「祈り」 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


『「前向きな心、感謝、人を思う祈り」が脳を活性化し免疫力を高める。』(「BOOK」データベースより)

人一倍強い「上昇志向」の人とかは、正直苦手です。「前向き=「上昇志向」ではないと思うからです。「上昇志向」は、個人的な「権力欲や出世欲などが強い」からだと思います。それが不快感に繋がっているのかもしれません。

でも、何もかもが「前向き」なんて有り得ないとも思います。私のようなネガティブ思考よりは良いのかもしれませんけどね。一般的な話ですが・・・。

この記事へのコメント

とり
2013年12月13日 23:27
管理職としての実績、法律関連、診断書等々、理論武装でいってらっしゃ~い(^o^)/!!
同じ立場の私達のためにもお願いしますp(^o^)q!!
応援しています^^!!

ケイリンキング
2013年12月14日 20:50
ありがとう。とりあえず今からブログ記入します。

この記事へのトラックバック