他人に迷惑かけない位の「責任感」くらいは、持って欲しいだけなんだ。。。

今日は午前中のみの勤務予定。だが、朝から足の踏み場もない状況。そんなの、いつもの事だけど・・・。しかし、どう考えても午前中で終わる量ではない。それ以外に次々と追加されるのだから。

他の人は、それでも時間になれば作業を中断して休憩に入る。自分が遅番であるならば、それでも構わないと思う。

実際に、水曜日、土曜日はそういう扱いをされている。
しかし、そんな事が許されている事が全く理解できない。

だから、午前中に落ちて来た段ボールは責任持って処理をする。遅番の人に引継ぎするのは当たり前なのだ。オマケに私よりも、時給が高いのだから本当は能力があるはずなのだ。

しかしながら、実際は逆なのだ。そんな馬鹿な話があるのだろうか?
引き継ぎ後も、余計なトラブル起こしてくれたのでフォローする始末だし。

何処かで、もう職場を見限っているので社員へクレームを言う気も起きないが・・・。
残業して作業していたって、誰も何も言ってこない。

一人で「反旗」を振り回しても構わないのだが、根本的には何も変わらないだろう。
だから、振り回さない代わりに行動で示しているだけだ。

昨日、「父」には転職考えている事は一応伝えた。「父」にとっては、何処だって良いのだ。「収入」さえあれば・・・。
私の「病気」にさえ、興味も無いのだから。



We're not gonna take it
No, we ain't gonna take it
We're not gonna take it anymore

何も、特別な事なんてしなくていいんだ。ただ、他人に迷惑かけない位の責任感くらいは持って欲しいだけなんだ。
それさえも、求めるのは間違いなのだろうか?

自由とは何か―監視社会と「個人」の消滅 (ちくま新書)
筑摩書房
大屋 雄裕

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 自由とは何か―監視社会と「個人」の消滅 (ちくま新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


『かつてより快適な暮らしが実現した現代社会。各人の振る舞いは膨大なデータとして蓄積され、“好み”の商品情報が自動的に示される。さらにはさまざまな危険を防ぐため、あらかじめ安全に配慮した設計がなされる。こうして快適で安全な監視社会化が進む。これは私たち自身が望んだことでもある。しかし、ある枠内でしか“自由”に振る舞えず、しかも、そのように制約されていることを知らずにいて、本当に「自由」と言えるのか。「自由」という、古典的かつ重要な思想的問題に新たな視角から鋭く切り込む。』(「BOOK」データベースより)

今回は内容を変更したので、内容とはリンクしていません。ですが「自由」だろうが「権利」を主張する前に「義務」を果たすのは、社会人として当たり前の話だと思うのです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック