ALL THINGS MUST PASS

アクセスカウンタ

zoom RSS 生きる悲しみ。。。

<<   作成日時 : 2013/10/27 12:32   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

今日のタイトルは、「文化勲章受章」を受賞した「高倉健」氏のコメントをニュースで見たときに、心に残ったので使用しました。

本当は昨日にUPする予定でしたが、その気に慣れませんでした。

「仕事」に行き、午前中の休憩時間の雨が降りしきる風景を眺めていたときに20代に失踪した時の事が蘇ってきました。

1年という約束で、「店長」昇格に伴う異動で茨木県下館市(現:筑西市 )に赴任しました。長男である私が実家を出る事は、家計にとってはマイナスでしたが家族は送り出してくれました。

近隣に店舗がないため、非常に売上も好調ながらも人員不足が慢性化しモラル的にも低いという問題を抱えた店舗でしたが、部下の協力もあり結果的に2年かかりましたが全国でもTOP10に入る優秀店舗としても表彰されたのです。

ですが、その時はすでに埼玉に異動していたので私の数値でありながら表彰の対象外とされていました。且つ、埼玉に帰ったと言っても自宅からは勤務不可能な店舗のため大宮の寮生活を余義なくされました。

それ以上に不満だったのは、「下館店」」での数値で社内での昇格がなされないという評価でした。そんな「不満」や、新しい店舗での活動が順調に推移しない事でストレスは高まり溜まる一方でした。

大宮の寮からも自転車通勤で、天候の悪い日はバスを利用していました。その日も5月下旬でしたが、昨日のような雨が降り続いていた土曜日でした。

バスで店舗に向かっていた私は、店舗に電話して「今日は、行かれない。」とだけ伝え寮に引き返し最低限の荷物だけを抱えて、ともかく寮を飛び出したのです。書置きだけを残して・・・。

行く宛もなく、何の目的もなく、サウナやカプセルホテルを止まり歩きました。そのうちに、お金が尽きてきたのですがボーナス支給日まで何とか乗り切ったのですが「会社」はボーナスを入金しませんでした。

もはや、生きる事させも許されない状況に追い込まれたのです。
まさに、「生きる悲しみ」に包まれていました。

結局、死にきれずに実家になけなしのお金を使い帰宅したのですが・・・。

現在も、ある意味「生きる悲しみ」に満ちてる気がしてなりません。

当時よりも、「社会的」にもアウトサイダーである「障害者」となり「孤立」している事は明白です。仕事を開始してから、実際に会って会話した知人は3名しかいません。

会社の人々は徐々に私の実力を認めてくれ始めましたが、とても個人的な付き合いなど想像できません。
ただ、仕事だけども認められる事で「心」の隙間を埋めています。

「生きる喜び」とは、何なのでしょうか?

「お金」「愛情」「健康」「家族」・・・。結局、無いものねだりのような気がするのです。
何もないから、「生きる悲しみ」だけが残ってしまうのではないでしょうか・・・。




生きてることが辛いなら
いっそ小さく死ねばいい

  作詞:御徒町凧

わめき散らして泣くことなど、「心」の壊れた私には不可能なのです。だから、素直に「くたばる喜び」をとっておいていよう・・・。

網走番外地 [DVD]
東映ビデオ
2002-07-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 網走番外地 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


『原作は、伊藤一が1950年代前半に網走刑務所で1年数か月服役し、出所後その経験をもとに、1956年「網走番外地」という名で出版した実録物の小説。70年安保をめぐる混乱という当時の社会情勢を背景に、「不条理な仕打ちに耐え、ついには復讐を果たす着流しのアウトロー」である高倉演じる主人公は、学生運動に身を投じる学生を含め、当時の男性に熱狂的な支持を受けたそうである。』
「会社」に対する復讐を果たす事もできず、「不条理」な社会に怒りだけを感じ、それでも何もできずにいる自分。
「アウトサイダー」ではあるけれど、「アウトロー」になる覚悟さえもないのさ・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
以前の会社はキングさんの力を認めたり、受け止めたり、受け入れたりしてくれない器の小さい会社だったんですね(怒)。逃げて正解ですっ!
自分は「家族」から逃げ出したかったけど行くあても無く、お酒に逃げました。
帰宅してから車の中で酔うまで飲んで、家に入っていたものです^^;

新しい会社で認められてきたとの事、嬉しく思います^^v
信じていればいつか報われるんだって、あらためて思えました^^

友達や仲間を見付けるのって、難しく感じたりするけど、意外にヒョッコリ出会ったりするものでもあるかと思うのです。
キングっさんが「ケイリンキング」という名前で、あの場所に立っていなかったら、キングさんとお話出来なかった訳だし^^

自分も「お金」「愛情」「健康」「家族」、全て持ち合わせていません^^;
でも今はそんなに悲観的ではないの。お薬のせいかもだけど。。。^^;競輪が楽しくて、信頼出来る主治医がいて、色んな形で会話してくれる人達がいるからかな^^


あと一つ報告〜。「今日」はとっても楽しかった〜^^♪
結局一宮行ってきたの^^久保千代志さんに握手して貰っちゃった♪久々にネットで知り合った競輪仲間に会えたり、いろいろ充実でした〜^^
とり
2013/10/27 20:26
充実したと感じられた事が、嬉しいです。

何でも良いと思うんですよ。
「公私」に関わらずにね。

前の「会社」は、もうどうでもいいんです。
大好きな仕事でしたけどね・・・。
ケイリンキング
2013/10/28 19:39
正にブラックではないか
最悪だなぁ。
いとこ
2013/10/30 08:42
もう、終わった話だからね・・・。
ケイリンキング
2013/10/30 19:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
生きる悲しみ。。。 ALL THINGS MUST PASS/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる