ALL THINGS MUST PASS

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏への扉。。。

<<   作成日時 : 2013/07/23 21:02   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

今日、1年ぶりに「散髪」する。1年前に「就労」する事を諦めてから、「社会」に対しての反抗の意味で伸ばしつずけていた。

「母」の葬儀でさえ、髪の毛をきる気にはならなかった。
「見た目」であ判断するなら、勝手にすればいいと考えていたからだ。

「履歴書」は、すぐにでも準備できる。ネットで応募した「企業」あらも、受付通知が届いていた。
明日こそ、「履歴書」を仕上げよう。

今までは、無理矢理に「社会」という扉をこじ開けようとしていたのだろう。
押してばかりで、引く事はしなかった。

それだけの、問題だったのかもしれない。

ともかく、「社会」という扉の前に立つ準備は済んだ。
あとは、その向こう側に行くだけなのだ。

そこが、まだ「夏」であることだけを願うしかない。。。



夏の扉を開けて
私をどこか連れていって

           作詞:三浦 徳子

「父」と言い合いに疲れた時、真剣に「東北復興」のボランティアに夏の間行こうと考えた。
それだって、充分に意味がる行為だろう。

「就労」できなければ、実行に移そうと思う。それだって、扉を開ける事のはずなのだから。。。

夏への扉[新訳版]
早川書房
ロバート・A・ハインライン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 夏への扉[新訳版] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ぼくが飼っている猫のピートは、冬になると“夏への扉”を探しはじめる。家にたくさんあるドアのどれかが夏に通じていると信じているからだ。そしてぼくもまた、ピートと同じように“夏への扉”を探していた。最愛の恋人と親友に裏切られ、仕事を失い、生命から二番目に大切な発明さえも奪われてしまったぼくの心が、真冬の空のように凍てついてしまったからだ。失意の日々を送っているぼくにも、ピートが信じる“夏への扉”は見つかるのだろうか。(内容紹介より)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
聖子ちゃん、可愛いですね^^
とり
2013/07/24 06:29
彼女は、早生れだけど同い年。
ケイリンキング
2013/07/24 08:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏への扉。。。 ALL THINGS MUST PASS/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる