またまた、問題発生。。。

午前中に「歯科医」に行き「部分入れ歯」が完成するのは8月上旬と確認し、バイトの面接は完成まで見送りと思いつつ「散髪」を何ケ月ぶりか覚えていない久々にスッキリ刈り上げ。
(「履歴書」の写真は、「歯」は関係ないですからね。)

実際、久々の「長髪」生活でしたが「シャンプー」の使用量が増える事が発見でした。(この程度です。
あと「免許証」の写真は、長髪ですので記録されていますからね。
(メリットはなかったですが、別段デメリットもなかったです。「気分転換」にはなりましたが。。。)

そんな事よりも、再び家に「災難」が。。。
先程、母親より聞いたのですが「弟」は「派遣会社」の契約を6月で終了させられたようなのです。
12月10日に「挙式」のスケジュールまで決定してるのにです。
(ですので、自分の中での「社会復帰」のスケジュールも12月から1月を目標にセットしていたのです。

この事に関しては「弟」とは会話はしていません。
1番焦っていて、状況を把握しているのは「弟」だからです。

幸い「奥さん(予定)」の年齢から言って、「子供」をつくる気はないでしょう。
ある意味「ステキな夫婦」になる事に専念できると賛成でした。
(お互いが40歳OVERですから、今からでは「無責任」な行為としか言えないです。子供が成人時に親が還暦過ぎって、よほど生活に余裕のある1部の人にしか可能ではないと思います。)
上記の意見には異論もあるでしょう。(異論がある人は「経済的」に余裕がある人か「無責任」な人と断言します。
「子供」が「成人」するまでは「親としての責任」があるはずです。

なるほど、「父」が荒れた理由の謎が解けた気がします。
(しかし、それが私を傷つけているんですが。。。

長男が「精神的疾患」で、次男が「契約解除」で2名とも失業中です。
「生活費」での「家族会議」が必要ですが、言いだしてくるまでは黙って自分の進路に集中するつもりです。

何があろうとも、1日1日は過ぎて行くのですから。。。
これが「自己防衛」なのです。



「ブギウギ列車夜行便」です。
現在は「エアロスミス」で有名な曲ですが、有名にしたのはこの頃「ヤードバーズ」のベック時代です。
(決して、シングルとして売れた曲ではありません。)

昔はフェスとかのアンコールでの全員での演奏は「ジョニー・ビー・グッド」が定番でしたが、今はこの曲の方が多いのではないでしょうが。

ちなみに「シーナ&ロケット」の「レモンティ」の著作権は、どうなってるんでしょうね。


ハヴィング・ア・レイヴ・アップ+10(紙ジャケット仕様)
ビクターエンタテインメント
2009-03-25
ザ・ヤードバーズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ハヴィング・ア・レイヴ・アップ+10(紙ジャケット仕様) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


LP時代の高校生時代に、新宿の「DISK UNION」で初めて買った「ザ・ヤードバーズ」のアルバムです。
聴いてみたかった理由は、当時「レインボー」が好きで「ON STAGE」で「STILL I‘M SAD」をカバーしていたのですが聴いてビックリ。
まるで「念仏」かと思いました。。。
(逆にいえば、その曲を壮大な曲にした「リッチー ブラックモア」の才能の証明なのですが。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック