ALL THINGS MUST PASS

アクセスカウンタ

zoom RSS Billy Joel - Big Shot

<<   作成日時 : 2016/09/15 12:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

本来「ビリー・ジョエル」を選曲するのであれば、『ライトブルーは、似合わない。C(ムーヴィン・アウト)』で取り上げた曲の説明をとも考えたのですが・・・。

まして彼のレコードで初めて買ったシングル「ストレンジャー」(A面は日本のみで、全米では「ムーヴィン・アウト」が全米最高位17位を記録。)と珍しいパターンだったのですが。

ただし、個人的に彼のアルバムを一番聞き込んだのは『ニューヨーク52番街(全英最高位10位、全米最高位1位』でした。、そのオーニングを飾る「ビッグ・ショット 」は、おそらく彼にとって最もROCKテイストが強いシングルでありながらも全米最高位17位を記録しています。(「レコード会社」はリリースに反対した気がしますが・・・。)

その後の彼の活動を考えると、この曲をシングルにした事が次のアルバム『グラス・ハウス』のイメージチェンジ及び成功に結び付いたと思うのですが・・・。



ROCKテイストを強調する為に、PVやLIVEでもスーツ姿の多いビリーがわざわざスタジャン姿なのが印象的です。勿論、そんな詮索はいつもの私の「深読み」な気がしますけどね。

ニューヨーク52番街(期間生産限定盤)
SMJ
2015-12-23
ビリー・ジョエル

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ニューヨーク52番街(期間生産限定盤) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


『ビリーの名前を、一躍、世界中に広めた、前作「ストレンジャー」の姉妹アルバムと言っても良い、フィルラモーンプロデュースによるアルバムです。姉妹アルバムと書きましたが、「ストレンジャー」が、ジャケから想像される通り、モノクロタッチの曲が多いのに比して、こちらは、サウンドのバリエーションを広げたのが特徴でしょうか。いずれにせよ、アルバムタイトルにも「ニューヨーク」が出てくるように、「ニューヨークの香り」がプンプンする傑作アルバムです。そして、アルバムタイトルにもなっているラストの「ニューヨーク52番街」を残して、次作以降、ビリーは、次なるステップに進んでいきます。』(購入者レビューより抜粋)

まだまだアルバイトを始める前の中学生の私には1枚2,500円のLPレコードはそうそう買えるものではありませんでした。なので、このアルバムは誰にかに「TDK」のカセットテープに録音してもらった記憶があります。

ただし、流石に誰に頼んだのかは忘れましたけどね・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Billy Joel - Big Shot ALL THINGS MUST PASS/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる