ALL THINGS MUST PASS

アクセスカウンタ

zoom RSS 何もできないで、誰も救えないで。。。

<<   作成日時 : 2016/06/03 10:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

「生きてる。」証って、一体何なのでしょう?

現在の「会社」に転職して、半年経過する。目標であった、1ケ月平均168以上勤務よりも現状は多く勤務している。ただ、以前にも記入したように、決して「仕事」では無く「作業」でしか過ぎない。

そして、改めて今日調べたが・・・。やはり、新規募集は950円以上。だが、既存の我々は前回の「雇用契約書」での時給で支払われている。なので、次回の「雇用契約書」が950円以下の提示であれば、その契約期間の3ケ月で退職すると昨日、昇格した「OPSリーダー」に宣言した。

元々、最近「マンネリ」と、好き放題に都合よく働く場所や作業を異動させられてウンザリしているのも原因だ。まぁ、その指示を出してるのも「正規雇用」の「社員」じゃない場合もあるのだが・・・。

「非正規雇用」の評価は、あくまでも「時給」だ。まして、「残業」しようが「休日出勤」しても、労いの言葉さえも無いのだから。モチベーションなどが、上がる訳が無い。

そんな「ストレス」や「体力的」な社会復帰へのトレーニングには、十分に役にたった経験であることは認めよう。だけど、社会的には私はまだ完全に死んでいる。

去年の年収が130万円なので「障害者扣除」もあり、今年も「住民税」は支払いを免除されている。つまり、「国民」の義務さえも果たしていない。

自分の「心」も満たせずに、そして誰のためにもなれずに「生きている。」なんて言えない。まして、自分よりも弱い立場の人々を救う事さえも出来ないでいる。

全く、本来の私では無い。「世話好き」で、むしろ「お節介」にさえ近い性格だったのに、今では私の周りには誰も存在しちゃいない。

今更、過去の人々になど頼りたくなんてないんだ。だから、新しい「人間関係」を作りたい。だけど、「障害者」である事を隠して、対等な「人間関係」は築けないと思うのだ。

まずは、「種」をまかなけらば何も育たない。わかっちゃいるけど、それが一番難しい。何故なら、私に「他人」を見る目が無い事は、既に過去の「人間関係」の崩壊で証明されているのだから。

それならば、少なくとも「障害者」である事を隠さずに済む環境で働いた方が良い気がしてならない。「傷の舐め合い。」は嫌だけど、お互いに足りない部分をサポートするならば可能だと思う。

少なくとも、今の「延命」されているいるような無駄な時間は過ごさずに済むはずなのだ。元々、残り時間は確実に短くなっているのだから・・・。



街だけでなく、誰にも相手にされていないのに生きているって言えるのだろうか???
ただ単に「生きてる」だけじゃ、全く意味などありません。誰だって、好きで「落伍者」になどなりたくてなった訳ではないのです。そして、人それぞれに「頑張っている。」のです。ただ、他人が、それを評価しないだけじゃないんですかね・・・。



『夢の設計図で分かるように目標設定関係の自己啓発書です。ただ、著者の人間性が現れているためか読んでいて気持ちが良かったです。
一般的にはこの手の本はセミナー講演を生業にした人が書いている場合は胡散臭く宗教チックですし、実業家が書いている場合は、押し付けがましく自慢話全快ですが・・・。』(購入者レビューより抜粋)

若者だけでなく、今後増加する高齢者の第二ステージ向けの本はないのでしょうか?私のように、一般的なレールから外れると、二度と「普通」には戻れないのが現実です。それとも、「落伍者」には「夢」見る事さえも許されないのでしょうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
何もできないで、誰も救えないで。。。 ALL THINGS MUST PASS/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる